• トップ
  • リリース
  • 高品質なIP音声アプリケーションの構築・搭載を支援する VoIPエンジン『Primus SDK』を開発し、販売開始

プレスリリース

高品質なIP音声アプリケーションの構築・搭載を支援する VoIPエンジン『Primus SDK』を開発し、販売開始

(DreamNews) 2014年07月10日(木)18時00分配信 DreamNews

企業の情報システム部門やアプリ開発会社が、SIP(Session Initiation Protocol)のノウハウを習得することなく簡単に、高品質なIP音声通話をユーザに提供できる、 『Primus SDK』を開発し、平成26年7月10日(木)より販売開始いたしました。

『Primus SDK』は、標準SIPを利用した、企業の情報システム部門やアプリ開発会社が、SIP(Session Initiation Protocol)のノウハウを習得することなく簡単に、高品質なIP音声通話をユーザに提供できる、音声遅延の少ない高品質なVoIPエンジンです。

本SDKを導入いただくことにより、
(1) 企業の情報システム部門には、スマートフォンをビジネスフォンとして活用する、内線電話環境の構築
(2) アプリ開発会社には、メッセンジャーなどネイティブアプリへの音声機能の追加搭載
を実現いただけます。

IP-PBXソフトウェア 『Primus』と併せてご利用いただくことにより、「パーク保留」、「電話会議」、「通話録音機能」などの高性能なビジネスフォン環境を、スマートフォン上で簡単に構築いただけます。

スマートフォンを活用した内線電話網構築や、スマートフォン向けアプリケーションへの音声機能搭載など、多様なソリューションの基盤技術としてご活用いただけることを期待しています。
当社は、今後も企業の業務効率化を支援する、「いつでも、どこでも、つながる」利便性の高い、音声エンジンの研究・開発・提供に努めてまいります。


Primus SDKの特徴・仕様

【 Opusに対応 】 ・・・・・ 『Primus SDK』はOpusに対応しています。Opusは、高品質なVoIPや電話会議などのライブストリーミング用途のために設計されたコーデックで、WebRTC標準で使用されるなど、インターネット上での音声通話への需要が高まる昨今、注目が高まっています。

【 暗号化に対応 】・・・・・ 『Primus SDK』は、Transport Layer Security(TLS)とセキュアRTP(sRTP)に対応しているため、ビジネスシーンでのセキュアな通話環境を実現できます。スマートフォンの普及が進み、BYODやCYODといった1台のスマートフォンでの公私分計が注目され、インターネットを利用した音声通話へのセキュリティ対策は、公衆網での利用時以上に深刻化することが予測されます。

主機能:保留、転送、パーク保留、ボイスメール通知
対応コーデック:G.711 u-law/a-law, GSM, SPEEX, iLBC, G.722, Opus
対応OS:iOS7、Android 4.0、Windows 7 / Windows 8

発売日:平成26年7月10日(木)


■お問い合わせ
<WEBサイトからのお問い合わせ>
http://www.andone.co.jp/contact/

<電話・メールによるお問い合わせ>
電話:03-5774-1660 Mail:and1-contact@andone.co.jp (担当:安川)

※Primusは、株式会社and Oneの商標または登録商標です。

■and One会社概要
会社名:株式会社and One
設立:2010年8月25日
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1−17−8 松岡渋谷ビル
代表者:代表取締役社長 中村 恵夫
ホームページ:http://www.andone.co.jp/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る