• トップ
  • リリース
  • 英語に自信はないけどTOEFLが必要になった人のための『超基礎からのTOEFL(R)テスト入門』刊行!

プレスリリース

英語に自信はないけどTOEFLが必要になった人のための『超基礎からのTOEFL(R)テスト入門』刊行!

(DreamNews) 2014年07月10日(木)14時00分配信 DreamNews

教育出版社の株式会社旺文社(東京都新宿区 代表取締役社長 生駒大壱)は、TOEFL対策書の定番『TOEFL(R)大戦略シリーズ』に『超基礎からのTOEFL(R)テスト入門』を新たなラインナップとして加え、7月12日に刊行いたします。

教育出版社の株式会社旺文社は、TOEFL対策書の定番『TOEFL(R)大戦略シリーズ』に『超基礎からのTOEFL(R)テスト入門』を新たなラインナップとして加え、7月12日に刊行いたします。英語力を正確に測るテストとして、近年、注目を集めるようになったTOEFL(R)を受験するにあたり、基礎力不足を感じる学習者に向けて、4技能の底上げを図る対策書として制作しました。

TOEFL(R)テストは本来、アメリカなどの英語圏に留学をするための試験ですが、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を測ることのできる試験であり、世界中で使用されています。このため日本でも、留学をするかどうかにかかわらず広く活用されるべきだと言われています。特に2013年春に自民党教育再生実行本部の提言(※1)で言及されてから、ますます注目を集めるようになりました。

今後は留学を目指す人だけでなく、英語力を高めたいと思っている幅広い層からTOEFLに関心が集まることが予想されます。同時に「英語に自信がないけどTOEFLを受験せざるを得ない」層が生まれる可能性も考えられます。しかし、現在TOEFL対策書市場に存在する書籍のほとんどは「ある程度英語力がある学習者」を意識して作られています。そこで、TOEFL受験者に定評のある『TOEFL(R)大戦略シリーズ』の入門編として、「英語に自信がない」学習者でもTOEFL対策が始められる「最初の1冊」として、本書をシリーズラインナップに加える形で制作しました。

==============
(※1)同提言では、「英語教育の抜本的改革」として、「大学において、従来の入試を見直し、実用的な英語力を測る TOEFL 等の一定以上の成績を受験資格及び卒業要件とする」などと記載されました。(自由民主党教育再生実行本部「成長戦略に資するグローバル人材育成部会提言」)


■書籍概要
『超基礎からのTOEFL(R)テスト入門』
刊行日 : 2014年7月12日
価格 : 1,800円+税
体裁 : A5判 2色刷/CD1枚付
著者 : アゴス・ジャパン 岡田徹也 松園保則
対象 : TOEFL入門者
■内容
●TOEFLを熟知している留学予備校アゴス・ジャパンが執筆
執筆は、海外大学・大学院留学準備指導の専門校アゴス・ジャパンの講師2名が担当しています。アゴス・ジャパンは、独自のテスト攻略法と個々の能力を最大限に引き出す出願指導対策で、圧倒的な合格実績を誇っています。そのノウハウは多数の大手企業からも高く評価されている一方、国内の大学に講師を派遣し、TOEFLをはじめ国際教育の支援も行っています。

●4分野の有機的なつながりを意識した構成
英語をアウトプットするには、その前提条件としてインプットの力が欠かせません。したがって本書では、
(1)インプット力(=リーディング力&リスニング力)の強化
(2)アウトプット力(=ライティング力&スピーキング力)の強化
の順に学習を進めていきます。
また、リーディングの学習が次のリスニング学習の基礎に、ライティングの学習が次のスピーキング学習の基礎になるよう、構成されています。
たとえば、リーディングセクションで行うシャドーイングのトレーニングは「英文を読むスピードを上げる」と同時に「リスニング力の底上げをする」効果があります。
●基礎からがっちり英語の基礎力をアップ
基礎力のないままに実戦問題にチャレンジしても歯が立ちません。そこで本書は各セクションについて以下をゴールとして設定し、まずは基礎力を伸ばすことに重点を置いています。
・リーディング:英文の「主役(SVOC)」と「脇役(修飾語句)」を見抜き、実際の試験の半分程度の長さの英文を読むことを目標とします。
・リスニング:文字から想像する音と、実際に聞こえる音とのギャップを認識し、実際の試験の半分程度の長さの英文を聞きとることを目標とします。
・ライティング:ケアレスミスを自分で正せること、また模範解答例を元に「英借文」(※2)をしながら、まとまった長さの英文を書くことを目標とします。
・スピーキング:子音の発音や英語のリズムを意識して英文を話すことに重点を置きます。すでに学習したライティングの解答例を素材に用いることで学習のハードルを下げます。

(※2)「英借文」・・・すでに完成している英文から「流れ」や「型」を借りて英作文すること

■TOEFL対策書の定番!旺文社の『TOEFL(R)テスト大戦略シリーズ』
0 超基礎からのTOEFL(R)テスト入門 (アゴス・ジャパン 著/CD1枚付/1,944円)
1 TOEFL(R)テスト英単語3800 [4訂版] (神部孝 著/CD3枚付/2,484円)
2 TOEFL(R)テスト英熟語700 [4訂版] (神部孝 著/CD2枚付/1,944円)
3 はじめてのTOEFL(R)テスト完全対策 [改訂版] (Paul Wadden、Robert Hilke、松谷偉弘 著/2,376円)
4 TOEFL(R)テストリーディング問題270 [4訂版] (田中真紀子 著/2,268円)
5 TOEFL(R)テストリスニング問題190 [4訂版] (喜田慶文 著/2,592円)
6 TOEFL(R)テストライティング問題100 [改訂版] (Paul Wadden、Robert Hilke、早川幸治 著/2,268円)
7 TOEFL(R)テストスピーキング問題110 [改訂版] (島崎美登里、Paul Wadden、Robert Hilke 著/2,376円)

【会社概要】
社 名 : 株式会社 旺文社
代表者 : 代表取締役社長 生駒大壱
設 立 : 1931年10月1日
本 社 : 〒162-8680 東京都新宿区横寺町55 / TEL : 03-3266-6400
事業内容 : 教育・情報をメインとした総合出版と事業
U R L : http://www.obunsha.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社旺文社 総務広報グループ
TEL:03-3266-6495 FAX:03-3266-6849 E-mail:pr@obunsha.co.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る