• トップ
  • リリース
  • 全米ベッドシェアNo.1 のSerta (サータ)から究極の寝心地を追求したマットレス登場

プレスリリース

ドリームベッド株式会社

全米ベッドシェアNo.1 のSerta (サータ)から究極の寝心地を追求したマットレス登場

(DreamNews) 2014年07月08日(火)10時00分配信 DreamNews

2014年7月1日、ドリームベッド株式会社で技術ライセンス生産を行っている米国のベッドブランド、Serta(サータ)から、よりソフトな寝心地を追求した高級感あふれるマットレス、『サータスーペリアデイロイヤル』が登場。

2014年7月1日、ドリームベッド株式会社(本社:広島市西区己斐本町3−12−39 代表取締役社長:渡辺博之)で技術ライセンス生産を行っている米国のベッドブランド、Serta(サータ)から、よりソフトな寝心地を追求した高級感あふれるマットレス、『サータスーペリアデイロイヤル』が登場。スプリングユニットは、7.7 インチ高の円筒形ポケットコイルを採用し、きめ細やかなサポートを実現しています。 加重のかかる部分に、少し太めの線径1.5mm コイル(通常1.3mm)を配置し補強することでバランスの良い加重分散と耐久性アップを実現しています。さらにピロートップ内のジェルメモリーフォームや、高触感ウレタンによる絶妙な組合せで、体をやさしく包み込み、よりソフト感を追求したマットレスです。

Serta(サータ)マットレスの寝心地の秘密

■面ではなく点で体を支えるポケットコイル
マットレスには布袋に入った一つひとつのコイルが独立して数多く配列されていますので、どのような寝姿勢にも圧力をあまり感じず、体のラインを優しく受け止めてくれます。

■コイルを圧縮することで、耐久性UP!
「ポケットコイルには、JIS規格の中でもカーボン(スプリングの反発性)やマンガン(スプリングの耐久性)の含有量の数値が大きい最高水準の線材を使用。また、不織布製の袋に入れる時点で、スプリングコイルの高さを約15%圧縮することにより、強度や耐久性をさらに向上 させています。

■5ゾーン超高集積・並行配列
マットレスへの荷重のかかる度合いに応じて1.3ミリと1.5ミリの2つの異なる太さ(線径)のポケットコイルを使用しています。人の体は頭部、胸部、腰・臀部、脚部の5つの部分構成されており、一般的に頭部8%、背部33%、臀部44%、脚部15%の割合で荷重がかかるといわれています。 一番荷重のかかる腰・臀部に少し太めの線径1.5ミリのポケットコイルを配置し補強することで、バランスの良い荷重分散と耐久性の向上を実現しています。さらに、腰掛けるケースの多い外側3列にも線径1.5ミリのコイルを配列して補強し、腰掛けた時の落ち込みを防いでいます。

■ジェルメモリーフォーム
優れた体圧分散で、体に瞬時になじんでくれます。荷重のかかりやすい腰臀部は、より強い力で体を支え、底づき感もありません。熱もこもりにくいため、一年を通し快適にご使用いただけます。また優れた復元力により、寝返りも妨げません。
http://serta-japan.jp/mattress/superiorday_royal.html

本件に関するお問い合せ先: ドリームベッド株式会社 小山(こやま)、淺田(あさだ)  TEL: 082-271-4201


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る