• トップ
  • リリース
  • アベノミクスの洗脳から目を醒ませ! 『経済難民時代を生き抜くサバイバル読本?食い改めればサイフも体も楽々!』

プレスリリース

株式会社ビジネス社

アベノミクスの洗脳から目を醒ませ! 『経済難民時代を生き抜くサバイバル読本?食い改めればサイフも体も楽々!』

(DreamNews) 2014年07月01日(火)12時00分配信 DreamNews

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2014年6月17日に『経済難民時代を生き抜くサバイバル読本?食い改めればサイフも体も楽々!』を発売いたします。

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2014年6月17日に『経済難民時代を生き抜くサバイバル読本?食い改めればサイフも体も楽々!』を発売いたします。

本書は、失われた20年と、敗北を続ける日本経済の病根を抉った前著『日本病』の続編で、前著から予告し続け現実味を帯びてきた「安倍バブルは消費税増税とともに崩壊する」という事態から、この時代を生き抜くためのライフスタイルまで提案しております。

浜矩子・同志社大学教授(経済学)は、アベノミクスを「鏡と煙でごまかす安手の手品」と評しましたが、まさにその通りで、4月からの消費税8%増税で、まさに日本経済は、瀕死の状態に。異次元の金融緩和で、株急騰を見越した外資も、一斉に売りに転じ、株価は暴落し、一方で国際収支は赤字、円安インフレは急進、賃金は連続低下という、まさに、国民生活は危機に晒されている状態と著者は述べています。国民の大多数は、“経済難民”時代に放り出されるという事態に対しては、厳冬の時代があれば、その先には必ず春が訪れると信じこの冬の時代をサバイバルするべきで、逆に日頃のライフスタイルを見直す好機と著者は捉え、暮らしの無駄・無理・無茶を省けば、そこには理想的なライフスタイルが出現するとしています。

第1章 アベノミクス大失敗、10の敗因?
第2章 安倍バブル崩壊……日本はこうなる
第3章 ピンチをチャンスに!「緑の技術」でV字回復?
第4章 医療費ゼロ!ヘルシーライフで金要いらず
第5章 食い改めよ、体もサイフも楽になる
第6章 おカネをかけずに本物の住まいを!

著者:船瀬 俊介
1950年、福岡県田川郡添田町生まれ。九州大学理学部中退。早稲田大学第一文学部社会学科卒業。日本消費者連盟に出版・編集スタッフとして参加。『あぶない化粧品』シリーズなどを執筆する。1986年、独立。以来、「医」「食」「住」問題を中心に、執筆、評論、講演活動を続けている。


(価格)1,600円+税 

〈発売日〉2014年6月17日 

〈出版元〉ビジネス社

《 お問い合わせ先 》
株式会社ビジネス社 広報担当:松矢
〒 162-0805東京都新宿区矢来町114番地 神楽坂高橋ビル5F
E-mail : matsuyapress@gmail.com
TEL03-5227-1602/ FAX 03-52271603


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る