• トップ
  • リリース
  • 通勤通学などの移動中に迫力のあるゲームサウンドを楽しめる遮音性に優れたカナル型イヤホン「PITCH(ピッチ)」を発表

プレスリリース

Cooler Master Technology Inc.

通勤通学などの移動中に迫力のあるゲームサウンドを楽しめる遮音性に優れたカナル型イヤホン「PITCH(ピッチ)」を発表

(DreamNews) 2014年06月23日(月)13時00分配信 DreamNews

Cooler Master Technology Inc. (本社:台湾)は2014年6月23日、通勤通学などの移動中に迫力のあるゲームサウンドを楽しめる遮音性に優れたカナル型イヤホン「PITCH(ピッチ)」(SGH-2060-KKTI1)を日本市場向けに発売することが発表いたしました。2014年6月27日から発売開始いたします。

PITCHは、10mmドライバユニットを採用したアナログ接続のゲーミングイヤホンです。密閉型のカナル型イヤホンを採用し、伸縮性のあるイヤーピースが耳の内部に密着することで騒音に対して優れた遮音性を発揮します。音量について耳へ負担がかからない大きさ設定しても迫力のあるゲームサウンドを楽しめます。インラインボタン部分に高性能な360無指向性マイクを内蔵しており、ゲームモードと通話モードにワンタッチで切り替え可能です。フラットタイプの絡みにくいラバーケーブルは混雑した電車の中や動きのある環境でもイヤーピースがずれにくく、ゲームプレイへの集中を妨ぎません。髪の毛やメガネにも干渉せず、暑い時期にも手軽なイヤホンです。専用収納ポーチ、PCとの接続用オーディオスプリッター、イヤーパッド2セットが付属。

●発表製品
※製品の詳細な仕様については添付のPDF資料をご参照ください。
-----------------------------------------------------------
製品名:PITCH
型番:SGH-2060-KKTI1
JAN:4719512043714
予想売価:オープン価格 (予想実売価格:税抜 5,000円前後)
発売予定時期:2014年6月27日
製品URL:http://gaming.coolermaster.com/jp/products/audio/pitch/
パッケージサイズ:(L)5.7×(W)3.7×(H)13.5cm
総重量:約54g

●仕様
製品名:PITCH
イヤホンタイプ:カナル型
ケーブル:1.2m

・ヘッドフォン
インターフェイス:4極3.5mmヘッドホンジャック(ヘッドフォンとマイク)
ドライバー:10mm
周波数応答:10〜20000Hz
インピーダンス:16

・マイク
ピックアップパターン:無指向性
周波数応答:70〜10000Hz
感度:-42 ± 3 dB (0 dB = 1 V/pa.1 KHz)
SN比:58db
PC接続用:オーディオ/マイクスプリッターケーブル(3極3.5mm変換)

【お問い合わせ】
◆販売・サポートに関するお問い合わせ
Cooler Master Technology Inc.製品の販売およびユーザーサポートは販売代理店へお問い合わせください。
・販売代理店 株式会社アユート  (E-mail:info@aiuto-jp.co.jp)
・販売代理店 株式会社アスク   (E-mail:info@ask-corp.co.jp)

◆プレスリリースに関するお問い合わせ
Cooler Master Technology Inc.
担当:大庭
oba@coolermaster.co.jp

・Cooler Master日本語ウェブサイト
http://apac.coolermaster.com/jp/

・Facebook(Japan)
https://www.facebook.com/coolermasterjp

・Twitter(Japan)
http://twitter.com/CoolerMasterJP

○Cooler Master Technology Inc.について
 Cooler Master Technology Inc.は、台湾に本社を構える総合パーツメーカーです。自作PC向けのCPUクーラーをはじめ、PCケース、電源ユニット、ゲーミング、タブレット端末向け周辺機器などの開発および販売を行っています。台湾のほかに、ヨーロッパ及びアメリカに拠点を持ち、日本を含め世界中で高い評価をいただいております。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る