• トップ
  • リリース
  • 全300種の名前探しで話題沸騰中!カンロ「テディポップ」キャンディ第2弾 発売!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

全300種の名前探しで話題沸騰中!カンロ「テディポップ」キャンディ第2弾 発売!

(@Press) 2015年04月22日(水)15時30分配信 @Press

カンロ飴やピュレグミなどでおなじみのカンロ株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:戸名 厚)は、個包装に印刷した300種の名前が話題の「テディポップ」キャンディの新バージョンを発売いたしました。2015年1月に発売した第1弾は、自分や友達、家族、好きなアイドルなどの名前を探してSNSなどでシェアされたり、コミュニケーションのツールとして活用されるなど、大きな反響がありました。


●第2弾は個包装の半分を刷新!
150種の新しい名前が仲間入りしました。
第1弾同様、個包装には全部で300種類の名前を印刷しており、新しい名前が150種仲間入り。パッケージは、初夏らしいグリーンに衣替えし、青りんごソーダ、レモンソーダの爽やかな2味も新たに登場しました。

※商品情報
商品名 :テディポップ
内容量 :70g
発売日 :2015年4月20日
販売場所:全国のスーパー・コンビニエンスストアなど


●コンセプトは「世界のこどもをキャンディで笑顔に!」
第2弾テディポップも第1弾同様、「キャンディスマイルプロジェクト」の対象商品です。
このプロジェクトは、対象商品の売上の1%を子ども支援専門の国際組織である公益社団法人「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」に寄付し、その活動を支援するものです。

【プロジェクトWEBサイト】 http://www.kanro.co.jp/teddy

※セーブ・ザ・チルドレンは、国連に認定された子ども支援専門の国際組織です。1919年の創立以来、90年以上にわたり世界約120ヶ国で活動を続けています。


●モンゴルの子どもたちへの支援を開始
キャンディスマイルプロジェクトの活動として、モンゴルの子どもたちへソーシャルサーカス教室の支援を開始しました。ソーシャルサーカスとは、サーカス技術を子どもたちに教えることを通じて、協調性や自己肯定感を高めることを支援する取り組みです。モンゴルでは、シルク・ドゥ・ソレイユが訓練した指導員が、養護施設の子どもたちを対象に、サーカスの授業を実施しています。
カンロでは、ひとりでも多くの子どもたちが笑顔になれるように、この活動を支援していきます。


■会社概要
社名  : カンロ株式会社
代表  : 代表取締役社長 戸名 厚
所在地 : 東京都中野区新井2丁目10番11号
創業  : 1912年(大正元年)11月10日
URL   : http://www.kanro.co.jp/
事業内容: 菓子、食品の製造および販売
創業から100年余キャンディに取り組み、社名になっている「カンロ飴」を始めとして、菓子食品業界で初となる「のど飴」や、大人の女性に向けたグミ市場を作り上げた「ピュレグミ」など、多くのロングセラーヒット商品により、キャンディ市場の発展に寄与しています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る