• トップ
  • リリース
  • KVHとMarketPrizm、金融ITソリューション「PrizmNet」をアジアで展開

プレスリリース

KVHとMarketPrizm、金融ITソリューション「PrizmNet」をアジアで展開

(@Press) 2015年04月21日(火)10時00分配信 @Press

アジアの情報デリバリー・プラットフォームを提供するKVH株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:東瀬 エドワード、以下「KVH」)と金融トレーディングのソリューション・プロバイダーであるMarketPrizmは、金融機関向けにトレーディングに欠かせない各取引所のマーケットデータやファンダメンタル分析に必要な金融情報へのアクセスを低遅延で実現する総合的金融ITソリューションである「PrizmNet」をアジア市場で展開します。「PrizmNet」を通じた金融機関向けコンテンツ配信には日本取引所グループ、ナスダック、ロンドン先物取引所NLXのほか欧州取引所Aquis Exchangeが既にパートナーとして賛同を表明しています。「PrizmNet」は、KVHとMarketPrizm両社の親会社Colt(本社:ロンドン、代表取締役:Rakesh Bhasin)が欧州でサービスを開始しており、その次の展開として、KVHとMarketPrizmがアジア太平洋地域向けに第2四半期から第4四半期のうちにサービスを開始します。また、米国向けのサービスも年内にColtが提供を開始する予定です。

「PrizmNet」は低遅延、高信頼性を保ち、透明性と一貫性のあるプライベートネットワークによって金融サービス企業向けコンテンツ配信を行います。これにより取引参加者は、ナノセカンドの単位で競う金融取引において新たな市場やクライアントにより素早くアクセスすることが可能となります。今日、市場参加者は、金融取引システムへの接続に加え経営管理部門や金融取引後の各種処理を行うさまざまなコンテンツをいかに迅速に入手するかに腐心していますが、とりまく事業者を結ぶエコシステムは断片的であり、新たな競争環境や予算上の制約や規制などがこれをますます困難にしている現状があります。「PrizmNet」は20を超える投資銀行、アセット・マネージャーやブローカーの提言のもとに構築され、金融サービス企業の課題を解決する以下の特徴を持っています。
●金融機関向けコンテンツを低遅延で提供可能
●リアルタイムレベルでのネットワーク監視が可能
●ポータルサイトの提供により、コンテンツやサービス内容をユーザー自身が管理可能
●優位性あるSLA(サービス品質保証)を提供

「PrizmNet」は、既に高い運用実績を有するネットワークやデータセンター資産に、資本市場テクノロジーにおける蓄積されたノウハウをColt、KVH、MarketPrizmの3社が組み合わせることによって提供可能となるサービスです。さらに、日本取引所およびAquis Exchangeの他、50を超えるコンテンツ・プロバイダーとさらなるサービス拡充にむけた検討を推進中です。

Colt 金融市場部門 執行役員のJohn Lovelandは次のように述べています。「金融サービス企業に特にフォーカスしたソリューション提供を行うチームを編成後、Coltは『PrizmNet』のようなサービスの実現について議論を重ねてきました。市場への迅速かつ信頼性、透明性を実現する安定したアクセス、それに市場参加者の戦略に沿いつつ柔軟な対応を実現することは最優先課題でした。『PrizmNet』は新たな市場へのアクセス・ニーズへの対応を加速し、日々執り行われる何百万もの金融取引に関するリスク軽減とクリティカルな情報入手を支援します。」

KVH プロダクトマネジメント本部 執行役員の柏木街史は次のように述べています。「アジア全域における金融サービス企業向け高信頼性インフラ提供事業者としてKVHはMarketPrizmとColtの協力により革新的サービスをローンチすることができ大変嬉しく思っています。『PrizmNet』は先進的なモニタリング機能とポータルの提供によって、迅速かつ高可視化性の市場アクセスを提供し、市場参加者のさらなる取引機会拡大に貢献します。」

株式会社東京証券取引所 執行役員の横山隆介氏は次のように述べています。「アジア市場に対する関心が依然として高い中、堅調に推移する日本市場を背景にJPX上場商品に対する需要がより一層高まってきていると認識しています。広範なネットワークにより主要市場に高速にアクセス可能な環境とネットワークのリアルタイムでのモニタリング機能を提供する『PrizmNet』のサービスは、JPX市場での取引を希望する、アジア、ヨーロッパ、米国の投資家に対して大変有意義であると考えています。」

『PrizmNet』に関する詳細なサービス内容については、sales-japan@KVHasia.comまたはinfo@marketprizm.comまでお問い合わせください。

KVH について
KVHはアジア太平洋地域で事業展開するITサービス、データセンター・プロバイダーとして、クラウドとネットワークを統合したソリューションおよび業界最高クラスのサービスを提供すべく日本で設立されました。KVHは自社保有する通信インフラを通じ、お客様の重要なビジネス情報の配信、共有、処理、保管における課題をIT、クラウド、データセンター、マネージド・ネットワーク、プロフェッショナルの各種サービスで解決します。
Colt(ロンドン証券取引所:COLT)傘下であるKVHは、Coltの有する世界規模のネットワーク、ITサービス、データセンターを活用し、ヨーロッパ、アジア、米国における28ヶ国200以上の都市を接続し、47主要都市にてメトロポリタン・エリア・ネットワークを展開しています。Coltはヨーロッパにて22カ所のキャリア・ニュートラルなデータセンターを所有・運用し、KVHはアジア太平洋地域にて7カ所を運用しています。 詳しくはwww.KVHasia.comをご覧ください。

MarketPrizm について
MarketPrizmは、金融サービス企業向けに、金融取引所に関連するインフラの提供、トレーディング、テクノロジーを提供するソリューションプロバイダーです。複数の拠点における超高速ネットワーク接続サービスを提供する「PrizmNet」を利用する企業向けに、ローデータあるいはノーマライズしたマーケットデータを提供するなど、金融トレーディング業界向けにサービスを提供しています。また、MarketPrizmは2011年5月、Coltグループ傘下となりました。詳細についてはwww.marketprizm.comをご確認ください。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る