• トップ
  • リリース
  • トータル電子雑誌サービス「タブレット使い放題・スマホ使い放題」へのコンテンツ提供について、新たにぶんか社と業務提携

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社オプティム

トータル電子雑誌サービス「タブレット使い放題・スマホ使い放題」へのコンテンツ提供について、新たにぶんか社と業務提携

(@Press) 2015年04月20日(月)15時30分配信 @Press

ビジネス向けスマートフォンアプリ・タブレットアプリのマーケットリーダーである株式会社オプティム(以下 オプティム)は、トータル電子雑誌サービス「タブレット使い放題・スマホ使い放題」へのコンテンツ提供について、新たに株式会社ぶんか社※1(以下 ぶんか社)と業務提携を行い、2015年4月22日より、「Gina」、「Ranzuki」、「la farfa」の3タイトルを読み放題ラインナップに追加いたします。今回の業務提携では特に10代から30代の女性ユーザーにファッションコンテンツを通じて電子雑誌サービスを楽しんでいただくことを期待しております。

昨年11月19日よりサービスを開始した「タブレット使い放題・スマホ使い放題」につきまして、ご利用者様から大変にご好評頂いております。その中でも女性向けファッション誌を読みたいという声に応え、幅広いジャンルの女性向けコンテンツを有するぶんか社と業務提携を行い、女性ファッション誌「Gina」、「Ranzuki」、「la farfa」の3タイトルを読み放題ラインナップに追加いたします。これにより、「タブレット使い放題・スマホ使い放題」で読み放題となる合計173誌、424冊※2の人気雑誌が最大1年分フルコンテンツでご利用いただけます。


■世界初の定額制 トータル電子雑誌サービス「タブレット使い放題・スマホ使い放題」とは
「いつでも、どこでも、気軽に」をコンセプトとし、「人気雑誌424冊読み放題サービス」、「端末保証サービス」、「家族共有カメラサービス」、「クラウドストレージサービス」、「ネットプリントサービス」が月額500円※3からご利用いただける、世界初※4の定額制トータル電子書籍サービス※5です。両サービスは、オプティムが、ビジネス用スマートデバイス管理サービスなどで培った技術や、スマートデバイスの管理を行うプラットフォームのノウハウを駆使して作られているため、安心安全かつ快適にご利用いただけるサービスになっています。さらに、両サービスとも同一のアカウントをご利用いただけるため、通勤・通学の移動時間には「スマホ使い放題」を利用し、自宅では「タブレット使い放題」を利用するなど、1つのアカウントを利用シーンにあわせて使い分けることが可能となります。


■「タブレット使い放題・スマホ使い放題」の特長
●人気雑誌414冊は、経済情報、芸能・エンタメ、ファッション、食、生活情報、旅行、スポーツなど、ビジネス誌から趣味まで幅広い雑誌を取り揃えており、いつでも、どこでも、何度でもバックナンバーを含め自由にお読みいただくことができます。端末にダウンロードしてしまえばオフラインでもお読みいただけます。また、一部の内容しか読むことができないなどの制限はなく、1冊まるごと、全てお読みいただけます※6。

●端末保証サービスは、端末をうっかり落としてしまった時や、水没させてしまった時などにも、自己負担金無しで端末の修理を行うことができ、多様な利用シーンに対応した手厚い保証を受けることができます※7。

●「家族共有カメラサービス」、「クラウドストレージサービス」は、お子さんや親御さんの写真をご家族間、ご友人間で共有することができます。クラウドストレージに保存を行うので、端末を破損した際や、機種を変更して端末が新しくなった場合でも、すぐに新しい端末で写真をご覧いただけます。また、ご自宅のパソコンに取り込んでご覧いただくこともできます※8。

●「家族共有カメラサービス」にて提供する「家族カメラ」アプリ※9やスマートフォン、デジカメで撮影したお気に入りの写真を、ネットプリントサービスで月15枚まで無料で印刷できます。

今回の提携に際して、ぶんか社のコメントを以下に記載いたします。


■株式会社ぶんか社の書籍とコメント
<コメント>
ぶんか社は、3つの「C」を大切にしています。
「Curiosity(好奇心)」「Challenge(挑戦)」「Creativity(創造性)」。
「タブレット使い放題・スマホ使い放題」を通じて、新たなお客様に対して弊社の遊び心がある「ぶんか」を発信し、ワクワクドキドキをご体感いただくことを期待しております。

<提供雑誌>
●「Gina」
『ジーナ』が目指す女性像は、凛とした強さを持ち、自分らしく自然体でふるまえる、「カッコイイ」女性です。可愛いだけじゃ物足りない、カジュアルすぎるのも子供っぽい……そんな思いを抱く、働くアラウンド28歳にとってのファッション&ビューティコンテンツを全力でお届けします!

●「Ranzuki」
『Ranzuki』は「クラス1かわいくてオシャレなJKになれる!」がコンセプトのティーン誌です。女子高校生の中でも女子力の高い、感度の高い女の子を目指す読者に向けたコンテンツが詰まっています。今の女子高校生のセンスに合わせた、他のティーン誌にはない、力のヌケた可愛らしい女の子像、誌面ヴィジュアルを提案しています。

●「la farfa」
『la farfa』は、2013年3月に創刊された日本初となる「ぽっちゃり女子のおしゃれ応援マガジン」です。最旬のファッションを中心に、ヘアスタイルやメイク、ライフスタイルなど、おしゃれを楽しみたいぽっちゃりさん必見のコンテンツが満載。20〜30代を中心に幅広い世代から支持を得る、オンリーワンマガジンです。


「タブレット使い放題・スマホ使い放題」は、以下のタブレット・スマートフォンでご利用いただけます。

■システム要件
●iOS機器
・iPadシリーズ :iOS 6.0以上
・iPhoneシリーズ:iOS 7.0以上かつ、iPhone 5以上

●Android(TM)機器:Android(TM) 4.0以上、1GB以上のRAM

詳しくは下記当社サイト、App StoreもしくはGoogle Play(TM)にて、「タブホ」で検索してください。

「タブレット使い放題・スマホ使い放題 powered by OPTiM」製品ページ
http://www.optim.co.jp/tabuho


※1 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:甲斐 健一
※2 雑誌の数は増減することがございます。
※3 販売パートナーにより、価格は異なります。また、App Storeの販売価格に関しましては、Apple Incが独自に設定する為替レートを基準としてApp Store全体で適用され、事前予告なく変動する可能性がございます。
※4 2014年11月19日時点、当社調べ。「人気雑誌読み放題サービス」、「端末保証サービス」、「家族カメラ」、「クラウドストレージサービス」、「ネットプリントサービス」がまとめて利用できる、トータル電子書籍サービスとして。詳細は以下のWebサイトをご確認ください。
http://www.optim.co.jp/news-detail/14156
※5 ご購入元により、ご利用可能なサービスは異なります。詳しくはご購入元サービスサイトをご確認ください。
※6 出版社の意向により、一部のコンテンツが閲覧できない状態のものもございます。
※7 App Store、Google Play(TM)にてご購入の際には、端末保証サービスをご利用いただけません。保証サービスの詳細については当社製品ページをご確認ください。
http://www.optim.co.jp/tabuho
※8 現在サービスの公開準備中です。提供開始時には別途当社Webサイトにてお知らせいたします。
※9 iOS版、Android(TM)版の提供を予定しております。

【オプティムの目指す、オプティマル事業とは】
〜Optimal【形】最適な、最善の、最も有利な〜
急速なインターネット普及に伴い、これまでネットを利用したことのないユーザーがネットを利用する機会が増えており、このユーザー層にとって現状のネットは必ずしも使いやすいものではありません。このような状況にあって、ネットを空気のように快適で、息をするように無意識に使えるサービス・インフラに変えていく。オプティマル事業とは、そのためのオプティム独自の最適化技術によるサービス事業の総称です。
製品情報   : http://www.optim.co.jp/products
Facebookページ: http://www.facebook.com/optimjpn
Twitterページ : https://twitter.com/optim_jpn


【株式会社オプティムについて】
商号   : 株式会社オプティム
上場市場 : 東京証券取引所マザーズ
証券コード: 3694
URL    : http://www.optim.co.jp
佐賀本店 : 佐賀県佐賀市高木瀬町東高木223番地1
東京本社 : 東京都港区愛宕2丁目5番1号 愛宕グリーンヒルズMORIタワー 19階
代表者  : 菅谷 俊二
主要株主 : 菅谷 俊二
       東日本電信電話株式会社
       富士ゼロックス株式会社
設立   :2000年6月
資本金  :411,356千円

主要取引先:日本電信電話株式会社、東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社、株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー、株式会社NTTぷらら、株式会社大塚商会、シャープ株式会社、株式会社ピーシーデポコーポレーション、KDDI株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、パナソニックソリューションテクノロジー株式会社、富士ゼロックス株式会社、リコージャパン株式会社、ソースネクスト株式会社、株式会社インプレス、BBソフトサービス株式会社など (順不同)

事業内容 :ライセンス販売・保守サポートサービス(オプティマル)事業
(クラウドデバイスマネジメントサービス、リモートマネジメントサービス、サポートサービス、その他サービス)

【Copyright・商標】
※ 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。
※ iPad、App Storeの名称およびそのロゴはApple Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※ IOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
※ Android(TM)、Google Play(TM)はGoogle Inc.の商標です。
※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る