• トップ
  • リリース
  • JFEシステムズ、スキャナ保存規制緩和に伴い、e-文書保存ソリューションの販売を開始

プレスリリース

  • 記事画像1

JFEシステムズ株式会社

JFEシステムズ、スキャナ保存規制緩和に伴い、e-文書保存ソリューションの販売を開始

(@Press) 2015年04月22日(水)10時00分配信 @Press

 JFEシステムズ株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:西崎 宏、以下 当社)は、税務関係書類のスキャナ保存規制緩和(*1)を受けて、これまで帳簿データ保存ツールとして販売してきた「DataDelivery(R)(データデリバリー)」に、スキャン文書保存機能を追加開発し、2015年5月1日より販売を開始します。


 帳簿データとスキャン文書を統合的に保存できるようになった「DataDelivery(R)」により、税務に関する各種監査・調査の対応時間の大幅な短縮のほか、ペーパーレス化の推進と内部統制の強化も実現できます。
 なお当社は、「DataDelivery(R)」のパッケージ販売だけでなく、スキャナ機器、データエントリーツール、タイムスタンプ等をトータルに提供・サポートする「e-文書保存ソリューション」として、事業を展開していきます。


(*1)税務関係書類のスキャナ保存規制緩和とは
 2015年3月31日に公布された財務省令第36号により、電子帳簿保存法施行規則の一部が改正されました。主な規制緩和内容は、下記の通りです。

1.3万円以上の領収書・契約書のスキャナ保存が可能になりました。
2.電子署名が不要になりました。

 この緩和により電子的文書として保存可能な対象書類が増え、またシステムに必要な要件も緩和されました。これにより、企業のペーパーレス化の流れがますます加速化すると期待されています。


■「e-文書保存ソリューション」製品サイトはこちら
http://www.jfe-systems.com/products/e-bunsho/e-bunsho.html


<「DataDelivery(R)」の機能と特長>
1.帳簿データとスキャン文書の統合保存
2.改ざん防止機能
3.セキュリティ機能(アクセス管理、機能権限管理、ログ管理)
4.市販のデータベースソフトが不要


<e-文書保存ソリューション全体図>
http://www.atpress.ne.jp/releases/60556/img_60556_1.png


<e-文書保存ソリューション 概要>
販売開始日      :2015年5月1日
提供予定価格(税抜価格):「DataDelivery(R)」ソフトウェア費用
            3,200,000円〜
販売目標       :今後3年間で200社の販売を目標とします。


【JFEシステムズについて】
 20年以上、電子帳票分野で豊富な開発・導入実績を持つシステムベンダーです。電子帳票システム「FiBridgeII(R)(ファイブリッジ ツー)」は、金融機関を中心に1,600社以上の幅広い業種のお客様にご利用いただいており、電子帳票パッケージ(運用・保存システム)分野で7年連続(2007〜2013年度)シェアNo.1(*2)を獲得しています。
(*2)株式会社富士キメラ総研調べ。2007〜2013年度実績(金額2007〜2011年度、数量2009〜2013年度)株式会社富士キメラ総研「パッケージソリューション・マーケティング便覧」「ソフトウェアビジネス新市場」に基づく。

「FiBridgeII(R)」「DataDelivery(R)」は、JFEシステムズの登録商標です。


【製品に関するお問い合わせ】
JFEシステムズ株式会社 プロダクト事業部 営業部
e-ドキュメント営業グループ
TEL:03-5637-2207
製品に関するお問い合わせフォーム
https://f.jfe-systems.com/webapp/form/14482_alv_110/index.do
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る