プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

バラエティ豊かな設置器具でどこでも店頭販促

(@Press) 2015年04月10日(金)14時15分配信 @Press

 流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開する株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福井康夫、以下メディアフラッグ)の子会社で、デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供を行っている株式会社impactTV(本社:東京都港区、代表取締役社長:寒河江清人、以下impactTVとする)は、省スペース且つローコストでのインバウンド対応サイネージの設置支援を強化するに至りました。


◆背景 

impactTVは商品目前に設置してプロモーションを行う店頭販促用デジタルサイネージを累計で3,000社・100万台以上に導入してきました。商品が陳列されている棚は多種多様(定番棚、エンド棚、ワゴンなど)であり、導入に際しては棚の形状に合わせたオリジナル設置器具を開発しながら、メーカー・流通の商品目前でのプロモーションを支援してきました。
近年外国人観光客の増加に伴うインバウンド対策ニーズの高まりにより、サイネージに期待される役割も増えてくる中、駅・空港・大型商業施設等のスペースに余裕があるインフラ系施設は、壁面埋め込み型・大型スタンドアロン型・什器一体型(施設案内掲示板等)等で多言語対応サイネージを設置してインバウンド対策を実施しています。
しかし、スペースに余裕のない都市型店舗では、限られたスペースでのサイネージ設置、工事や什器作成などのコスト的な負担の課題があります。
そこで、impactTVはこれまで様々な設置スペースにサイネージを設置してきた実績から生み出された多種多様な設置器具を用いて、省スペース且つローコストでのインバウンド対応サイネージの設置も支援を強化するに至りました。


◆設置器具例

【アクリル用パーツ】
ガラスやアクリル面に対してのサイネージ設置を可能にしたものです。サイネージの重量に耐えられるような強力な吸盤を利用したもので、これにより、磁石などでは取付の難しい面にでもサイネージ活用が可能になります。

【フック什器用パーツ】
フックにサイネージをひっかける形で設置するものです。器具に空いている穴にフックを通すだけで簡単に取り付けが可能です。

【網什器用パーツ】
網什器を上下から挟み込む形でしっかりと取り付けることが可能です。

【角バー用パーツ】
角バーに引っ掛けて固定することが可能で、前後に可変式になっている為、商品棚の陳列状況に合わせて端末を取り付けることが出来ます。

【スタンド什器】
19インチのモニタを自立させることが可能です。安定感は有りますが、足部分はスリムなデザインになっているので設置しても邪魔になりません。

【イーゼル什器】
32インチ・42インチの大型モニタを店頭で使用することが可能です。人気のイーゼルタイプで簡単に設置が可能です。

これらの多種多様な設置器具を用いることで様々な設置場所に弊社サイネージを取り付けることが可能になります。


◆タッチパネルを用いたインバウンド対策例

設置器具はワンウェイサイネージ・タッチパネルサイネージに共通して対応しているため、タッチパネルサイネージもワンウェイサイネージ同様に様々な場所に設置が可能になっております。タッチパネルサイネージを様々な場所に設置し運用することで、さらにインバウンド対策の効果を高めることが可能となります。
例えば、タッチパネル画面上で言語や情報を切り替えて表示し、スタッフ不在でも商品目前で、画像・動画を使い製品の特性・使い方・利用シーンなどを説明でき、消費者自らが「見たい情報を選択」することにより能動的な購買行動を創出します。また、運用面ではタッチログ管理機能により、ページ毎の閲覧状況・傾向の分析が可能なため、タイムスタンプ付きで蓄積された「触れる」というアクション履歴から、POSデータでは把握できない言語・国ごとの購入前行動・興味を把握、反応の見える化が可能なため、今後の効果的なマーケティングに貢献します。


◆株式会社impactTV 会社概要
 
社名:株式会社impactTV (株式会社メディアフラッグ 100%子会社)
事業内容:デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供
(企画、製造、販売、運用支援、マーケティング分析)
設立:1986年7月
資本金:359百万円(2014年6月末現在)
代表者:代表取締役社長 寒河江清人
本社所在地:東京都港区赤坂3丁目11-3 赤坂中川ビルディング2F
従業員数:40名(2015年1月現在)
WebURL:http://www.impacttv.co.jp/


◆株式会社メディアフラッグ 会社概要

社名:株式会社メディアフラッグ (コード番号:6067 東証マザーズ)
事業内容:流通・サービス業に特化した、インターネット活用型アウトソーシング事業。消費財メーカー向け営業
アウトソーシング、店頭リサーチ事業、マーケティングに関わるシステム開発およびASP展開。
調査インフラとして、全国47都道府県のメディアクルー(登録スタッフ)数が20万人を超える。
設立:2004年2月
資本金:287百万円(平成26年12月末 現在)
代表者:代表取締役社長 福井康夫
本社所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目12-19 東建インターナショナルビル10F
従業員数:549 名(メディアフラッグ単体、グループ全体では 897 名)(2014 年 9 月30日現在)
WebURL:http://www.mediaflag.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る