• トップ
  • リリース
  • 【新刊】『「皮膚をゆるめる」と痛みは取れる』〜ひざ、腰、首、股関節の痛みに効く!革命的テーピング術〜

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社マキノ出版

【新刊】『「皮膚をゆるめる」と痛みは取れる』〜ひざ、腰、首、股関節の痛みに効く!革命的テーピング術〜

(@Press) 2015年04月15日(水)11時30分配信 @Press

 株式会社マキノ出版は、この度、新刊『「皮膚をゆるめる」と痛みは取れる』が刊行の運びとなりましたので、ご案内いたします。


 私たちの体を動かしたときに、筋肉や骨、関節だけでなく皮膚も動いていることにお気づきでしょうか。
 その皮膚の動きには、ある一定の法則があります。それは、「皮膚はシワが寄るところから、突っ張るところに向かって移動する」というものです。
 皮膚の移動が小さくなると、皮膚は突っ張り、体は動かしにくくなります。皮膚の突っ張りが、痛みの原因だったのです。
 そこで、突っ張っていた皮膚をゆるめるように動かして、市販のテープを貼るとどうなるでしょうか。それだけで痛みは消え、体は動かしやすくなるのです。なかには、3年間上がらなかった肩がその場で上がったというケースもあります。その場で腰が反らせるようになる、ひざが曲がるといった例も珍しくありません。

 本書の著者は理学療法士として、皮膚の動きを疾患の予防や治療に役立てようと、「皮膚運動学」を約10年間、研究してきました。
 その間、専門書を書き上げてきましたが、一般の方に向けた初めての著書が本書になります。
 本書では、皮膚の動きの新常識を活かした、これまでにないテーピング術を紹介しています。ひざや腰、首、股関節、肩、ひじ、アキレス腱といった7つの部位、12の痛みに対応します。


【書籍概要】
書名 :「皮膚をゆるめる」と痛みは取れる
    〜ひざ、腰、首、股関節の痛みに効く!革命的テーピング術〜
著者 :福井 勉(文京学院大学教授)
判型 :A5判並製、本文112ページ、カバー付き
定価 :本体 1,300円+税
発行日:2015年4月15日
発行所:株式会社マキノ出版( http://www.makino-g.jp/ )
    〒113-8560 東京都文京区湯島2-31-8
ご注文:03-3815-2981(販売部)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る