• トップ
  • リリース
  • メディアフラッグ上海、超少人数体制での中国大陸調査事例〜調査評価のブレを極限まで縮小〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社メディアフラッグ

メディアフラッグ上海、超少人数体制での中国大陸調査事例〜調査評価のブレを極限まで縮小〜

(@Press) 2015年04月09日(木)10時00分配信 @Press

流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開する株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福井康夫)の子会社で、アジアへ向けたサービス展開を行っている梅地亜福(上海)管理諮詢有限公司(メディアフラッグ上海、本社:上海市静安区、総経理:梅原拓)の、超少人数体制での中国大陸調査事例のご紹介です。
 メディアフラッグ上海は2012年12月より本格的な営業を開始いたしました。自社開発のマーケティングシステム「MarketWatcher」を提供するASP事業や、覆面調査事業を中心にサービス提供を行って参りました。今回は、少数精鋭の調査員チームを構成し、中国全土の調査をわずか数名で実施した事例をご紹介します。

 GDP世界第二位、未だ衰えぬ経済発展を続ける中国では、これまでの上海をはじめとした沿岸部発展が中国経済をけん引していた様相から一転し、内陸部での発展が加速、市場としての価値が重要視される時代になりつつあります。内陸部での発展が加速するに伴い、日系企業を始めとした小売業でも内陸部への重点的な出店が目立ち始めました。
 内陸部への出店強化が進むにつれ、地域間での店舗サービスレベルにバラつきが出ることを防ぐため、各社様々な教育、指導に対する強化策を講じています。メディアフラッグでは、店舗サービスレベル向上の一策として覆面調査サービスを提供しており、中国でも多くの企業様にご利用頂いています。

◆ 日系小売企業A社様事例

・日系小売企業A社様
上海市に中国本部を置く小売企業。10年程前に中国進出。日本でのブランドイメージは非常に評価が高く、中国でも順調にシェアを伸ばす。成長著しい内陸部への強化を進め、2015年4月現在、中国全土に100店舗以上出店をしている。全国に展開する店舗のサービスレベル底上げを図るべく、2014年よりメディアフラッグの提供する覆面調査サービスを導入。A社様の場合、各店スタッフの人事考課に覆面調査の結果を組み込んでおり、調査員間で発生する恐れのある評価ブレを極限まで減らしたい、かつ調査に掛かる費用も節約もしたいとご要望頂く。

◆ 対面研修、テスト調査を実施する事で評価ブレは抑えられるが、費用は高騰する

 評価ブレを発生させない、調査員間で評価目線の統一を行う方法として、(1)調査マニュアルの作成、(2)調査マニュアルに基づいた理解度テスト、上記2つを組み合わせて調査員の目線統一を行う事が多いです。今回ご依頼頂いたA社様からは、さらに(3)調査員研修を本社で実施する(対面研修)、(4)本番調査実施前にテスト調査を行う、という目線統一手法をご要望頂いておりました。しかし、A社様の店舗は中国全土に展開しており、調査員研修、テスト調査を行う場合に必要な追加コストは、行わない場合と比べ2倍以上必要となり費用は高騰。ご要望の費用節約は実現不可能でした。

◆ 上海在住調査員3名のみをリクルート、超少人数での調査実施

 A社様の希望を実現するために、メディアフラッグでは超少人数での調査を企画。上海在住の調査員3名のみで調査実施を企画いたしました。調査員を少人数にすることで、(1)調査期間は多人数より長くなるが、1名あたりの雇用期間が長くなることで多人数を短期雇用するより人件費を抑えられる、(2)上海本社近辺に在住する調査員をリクルートすることで、多人数で実施する際発生する移動宿泊費を節約できる、(3)評価ブレのリスクが極限まで抑えられるというメリットを実現いたしました。

◆ メディアフラッグだからこそ出来る、難易度の高い調査遂行

日本有数の調査ノウハウを有し、クライアントの要望を実現するための努力、工夫を厭わないメディアフラッグであるからこそ実現可能な、超少人数での中国大陸全土を対象とした調査事例です。
今後、中国には更に多くの流通・小売店舗の増加が見込まれ、売場の質が差別化要因の一つとなります。メディアフラッグ上海が日本レベルの売場を普及させることで、中国国内の流通小売業の価値を高めます。

◆ 梅地亜福(上海)管理諮詢有限公司 会社概要

社  名:梅地亜福(上海)管理諮詢有限公司(メディアフラッグ上海)
事業内容:流通・サービス業に特化した、インターネット活用型アウトソーシング事業をアジア向けに展開。
設  立:2012年11月
資本金:270万人民元(株式会社メディアフラッグ100%出資)
代表者:董事長 福井康夫、総経理 梅原拓
本社所在地:上海市静安区武定路555号
WebURL:http://mediaflag.com.cn/

◆ 株式会社メディアフラッグ 会社概要

社  名:株式会社メディアフラッグ (コード番号:6067 東証マザーズ)
事業内容:流通・サービス業に特化した、インターネット活用型アウトソーシング事業。消費財メーカー向け営業アウトソーシング、店頭リサーチ事業、マーケティングに関わるシステム開発およびASP展開。調査インフラとして、全国47都道府県のメディアクルー(登録スタッフ)数が20万人を超える。
設  立:2004年2月
資本金:287 百万円(2014 年 9 月末現在)
代表者:代表取締役社長 福井康夫
本社所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目12-19 東建インターナショナルビル10F
従業員数:549 名(メディアフラッグ単体、グループ全体では 897 名)(2014 年 9 月 30 日現在)
WebURL:http://www.mediaflag.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る