• トップ
  • リリース
  • 欧州販売実績NO.1スマートロック製品『danalock』が日本初上陸

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社M2モビリティー

欧州販売実績NO.1スマートロック製品『danalock』が日本初上陸

(@Press) 2015年04月13日(月)09時30分配信 @Press

株式会社M2モビリティー(本社:東京都品川区、代表取締役社長:橋本 清治)は、近年話題の「スマートロック」製品開発の業界リーダである、デンマーク Poly Control社によるスマートロック製品『danalock(ダナロック)』の日本での取扱いを開始します。
『danalock』はスマートフォンのBLE(ブルートゥース・ロウエナジー)技術を利用し、スマートフォン*で錠前の開閉を行うものです。常に持ち歩くスマートフォンが鍵の代わりとなるため鍵を持ち歩く必要がなく、更に暗号化されたデジタルキーの発行機能による、第3者への一時的な鍵の提供や、ドアに近づくだけで開錠ができる「ハンズフリー」など、スマートフォンならではの様々な付加機能を利用できます。米国や欧州では既に普及が始まっており今後更なる普及が予想されています。

『danalock』: http://www.smartlock.systems/


1. 『danalock』について
『danalock』は、欧州で既に10万台以上の販売実績をもつNO.1スマートロック製品です。2013年に開発され、2015年5月からは第2世代製品の発売が開始されます。
スカンジナビアの伝統である“シンプルなデザインで高機能を実現する”というコンセプトで開発された本製品は、シンプルな円筒形の筐体に最新の技術を実現しています。既存のドアの内側(サムターン)部分だけを本製品に交換するため、外鍵の部分は従来通り利用できます。また、本体中央にあるタッチセンサーによる開閉機能の他、手動でも開閉が可能なため、電池切れや緊急時でも操作が可能です。内蔵の電池は、通常の使用(10回/日)で約1年の稼働が可能で、残量が3分の1以下になった場合にはスマートフォンに電池残量の警告が送られるようになっています。販売対象は一般のマンション、戸建ての他、リゾートマンション、ホテル、店舗、オフィス、老人擁護施設など幅広い分野を想定しています。


2. 販売代理店について
『danalock』は欧州及び米国では既に販売しておりますが、Poly Control社は今後の販売対象地域として中国を含むアジアを想定しており、アジア地区へ拡販したいPoly Control社の思惑と、スマートロック製品の取扱いを模索していた当社との思惑が一致し、2015年1月、米国ラスベガスで開催されたCES2015にてアジア地区の代理店契約締結合意に至ったものです。そのため当社では日本国内での販売のみならず、中国、台湾、シンガポール等への現地代理店を通じた販売も同時に開始する予定です。

製品機能詳細、販売時期、価格等については5月下旬頃に予定しているプレスカンファレンスにおいて開発メーカーを交えた発表会を行う予定です。


<株式会社M2モビリティーについて>
2012年創業。海外製品の調査、調達、販売支援、販売代行、日本国内認定代行、代理店業務等を行う。M2M(IoT)分野に特化し、パスポートリーダー製品の他、NFC、テレマティクス、HEMS等の製品を主に取り扱う。製品取扱比率 韓国30% 台湾30% その他40%
URL: http://www.m2mobi.jp


*本製品の使用にはiOS 7以降、Android 4.5以降に対応したスマートフォンと専用のアプリケーション(サイトから無料ダウンロード)が必要です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る