• トップ
  • リリース
  • 人工知能による画像チェック自動化で、最大400%の広告売上アップ&90%のコスト削減を実現 〜 導入企業全社で効果を確認 合計約2.5億枚の投稿画像監視を自動化 〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

イー・ガーディアン株式会社

人工知能による画像チェック自動化で、最大400%の広告売上アップ&90%のコスト削減を実現 〜 導入企業全社で効果を確認 合計約2.5億枚の投稿画像監視を自動化 〜

(@Press) 2015年04月02日(木)15時30分配信 @Press

イー・ガーディアン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:高谷 康久、以下 イー・ガーディアン)は、大手ブログサービスや画像共有サービスなどユーザー投稿型メディア4社に人工知能型画像認識システム「ROKA SOLUTION」を提供し、全ての企業で導入前に定めた目標値を達成いたしましたので報告します。導入前と比較し、最大400%の広告売上アップ、90%のコスト削減を実現いたしました。

▼イー・ガーディアン株式会社
http://www.e-guardian.co.jp/
▼メディア向けコンテンツ連動型広告対策用画像フィルタ「ROKA SOLUTION」
http://www.e-guardian.co.jp/service/contents_ad_filteringsystem


従来、導入企業4社はいずれも、広告配信先ページの適切是非を確認するために、ページ内の投稿画像をヒューマンオペレーションでチェックした後に広告を配信せざるを得ませんでした。そのため、閲覧数が一番高い公開直後のタイミングで広告を配信するチャンスを逃しておりました。
「ROKA SOLUTION」では、事前に不適切なコンテンツを学習させることで、投稿画像が適切か不適切か瞬時に判定することが可能です。これにより、ほぼリアルタイムで投稿画像をチェックし、広告配信をすることが可能となるため、目標とした売上の達成に貢献したと考えられます。
また、ヒューマンオペレーションで実施する場合と同等の健全性を維持しつつ、従来工程で発生する人件費やマネジメント工数、管理費用等を大幅に圧縮することも可能となりました。

【「ROKA SOLUTION」導入前後のイメージ図】
http://www.atpress.ne.jp/releases/59751/img_59751_1.png


イー・ガーディアンでは、「人力」だけでは実現が難しいオペレーションを人工知能のサポートで実現し、世の中の運用業務の自動化を目指しております。今後も「ROKA SOLUTION」の根幹技術である学習精度向上、その他の技術基盤の追加等、人工知能の品質向上についても幅広く研究し、実用化のサイクルを進めてまいります。


【メディア向けコンテンツ連動型広告対策用画像フィルタ「ROKA SOLUTION」について】
「ROKA SOLUTION」は、世界トップクラスの画像認識の機械学習システム(人工知能)を持つ東京大学大学院原田研究室(所在地:東京都文京区、総長:五神 真、以下 東京大学)とイー・ガーディアンが共同で開発したディープラーニングを活用した人工知能型画像認識システムです。
大量の画像・動画データを目視により分類したものを教師データとして事前にエンジンに学習させた後、実際の対象画像・動画をシステムに判定させ、結果を数値で表します。また、結果が誤っていれば学習するという作業を繰り返し行うことで判別能力を向上していきます。

■第一弾 児童ポルノ撲滅フィルタ
(1) イー・ガーディアンと東京大学が産学連携 〜児童ポルノ、著作権侵害などの問題画像を自動で 発見できるシステムを監視業界初、提供開始〜
( http://www.e-guardian.co.jp/info/20140728_autofilteringsystem )
(2) イー・ガーディアン、FC2に 「画像フィルタリングシステム」の提供を決定 児童ポルノの根絶に向けた対策を強化
( http://www.e-guardian.co.jp/info/20140827_autofilteringsystem )

■第二弾 メディア向けコンテンツ連動型広告対策用画像フィルタ
(1) イー・ガーディアン、GMOメディアに 「コンテンツ連動型広告対策用画像フィルタリングシステム(ROKA SOLUTION)」の 提供を決定 広告効果の最大化と媒体の健全化に向けた対策を強化
( http://www.e-guardian.co.jp/info/2014/1114.html )
(2) イー・ガーディアン、エキサイトブログに 自動画像認識システム「ROKA SOLUTION」を導入 新規投稿画像と約2億枚の過去投稿画像を自動でチェックし 媒体の健全化対策を強化
( http://www.e-guardian.co.jp/info/2014/1218 )

■第三弾 広告主・代理店向け不適切コンテンツ判定フィルタ(アドベリフィケーション)
(1) イー・ガーディアン、はてなと共同で 不適切コンテンツ判定フィルタを開発。テキスト・画像を高精度に判定し、 不適切コンテンツの迅速な自動検出が可能に
( http://www.e-guardian.co.jp/info/2014/1127 )

■第四弾 模倣品画像検知フィルタ
(1) 「ニセモノ購入被害」からお客様を守る、偽物販売業者摘発サポートサービス!Eコマース事業者向けに「模倣品画像検知システム」を提供開始
( http://www.e-guardian.co.jp/info/2015/0127-0 )


※コンテンツ連動型広告とは
Google AdSenseなどに代表されますが、メディアが所有するブログやウェブサイトに広告コードを貼り付けると、システムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトとの関連性が高い広告が表示され、広告運営の手間をかけずに潜在客を獲得しやすいという利点があります。しかし、アダルト関連、暴力的コンテンツ、極端にコンテンツの少ないサイトなどに広告を配信してしまった場合、サービス運営会社より「警告・凍結・削除」を受け、以後の配信機会を逸失する恐れがあります。


【イー・ガーディアン株式会社 会社概要】
代表者 : 代表取締役社長 高谷 康久
所在地 : 東京都港区麻布十番1-2-3 プラスアストルビル4F
設立  : 1998年5月
資本金 : 34,005万円(2014年9月末日現在)
業務内容: ブログ・SNS・掲示板企画コンサルティング/
      リアルタイム投稿監視業務/ユーザーサポート業務/
      オンラインゲームカスタマーサポート業務/
      コンプライアンス対策・風評・トレンド調査業務/
      コミュニティサイト企画・サイト運営代行業務・
      広告審査代行サービス業務/人材派遣業務
URL   : http://www.e-guardian.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る