• トップ
  • リリース
  • 胃がん休業からついに復帰!NHK「国際報道2015」キャスター黒木奈々 その壮絶な闘病生活を週刊文春で初激白!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社文藝春秋

胃がん休業からついに復帰!NHK「国際報道2015」キャスター黒木奈々 その壮絶な闘病生活を週刊文春で初激白!

(@Press) 2015年04月01日(水)14時30分配信 @Press

 株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)が4月2日に発売する雑誌「週刊文春 2015年4月9日号」で、NHK「国際報道2015」メインキャスターの黒木奈々さんが「胃がん闘病の日々」を語った記事が掲載されます。黒木さんは昨年9月に胃がんを公表後、番組を休業していましたが、3月30日から限定復帰。今回の記事が、胃がん公表後初のロングインタビューとなります。

 黒木さんは大学時代にフランス留学した経験があり、英語と仏語が堪能な国際派。昨年4月の番組開始以降、放送局や事務所に「あの知的美人は誰?」と問い合わせが相次いだ注目キャスターです。
 彼女は昨年8月、友人との食事中に突然の胃痛に襲われました。救急車で運ばれ、即入院。しかし、それは、単なる胃潰瘍ではなく胃がんだった……。
 セカンドオピニオンを得て、胃の手術を決意。同時に、自らの病名を公表し、病と戦うことを宣言しました。キャスターという立場を生かし、同年代の働く女性たちが、がんに襲われたとき、何か力になれるのではないかという信念のもとに、がん宣告のあとの心境を『未来のことは未来の私にまかせよう』(文藝春秋刊)に綴りました。
 単行本刊行、そして3月30日から番組への限定復帰を果たしたのを機に、今回「週刊文春」で初めて、壮絶な闘病生活を語りました。がんを初めて告知された時、黒木さんは「その瞬間、頭の中が真っ白になった」と告白。手術前後の揺れる心情、ステージ(がんの進行度)、そして抗がん剤治療のつらさについても語っています。


●本人コメント(「週刊文春」より抜粋)
「がんが判ってから、生活は一変し、ジェットコースターのように状況が変化する日々を送っています。告知された日、ショックが少し治まった後に『これで番組は降板か。キャスターは私の人生そのものなのに』と思いました。」


●黒木奈々さん略歴
1982年11月12日生まれ。鹿児島県出身。上智大学外国語学部フランス語学科卒。元毎日放送報道局記者。NHK BS1『国際報道2015』キャスター。大学在学中、交換留学でフランスへ。英語とフランス語が堪能な国際派として、2014年4月『国際報道2014』のキャスターとなる。しかし、同年8月末に胃がんと診断され、9月にがんであることを公表し、話題を呼んだ。今年3月30日より週一回限定で番組に復帰。著書に、闘病の日々を綴った『未来のことは未来の私にまかせよう』(文藝春秋刊)


【書誌情報】
タイトル:週刊文春 2015年4月9日号
定価  :400円
発売  :文藝春秋
発売日 :4月2日(木)


【関連書籍】
タイトル:未来のことは未来の私にまかせよう
     31歳で胃がんになったニュースキャスター
著者  :黒木奈々
価格  :定価(本体1,200円+税)
発売  :文藝春秋
電子書籍版も発売中。

【関連動画】
https://www.youtube.com/watch?v=eA-F50hH2UU&feature=youtu.be
【関連HP】
http://hon.bunshun.jp/articles/-/3535
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る