• トップ
  • リリース
  • 「保証力」こそ、パートナー選びの新基準。『リバブルあんしん仲介保証』の改定およびサービス新設のお知らせ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

東急リバブル株式会社

「保証力」こそ、パートナー選びの新基準。『リバブルあんしん仲介保証』の改定およびサービス新設のお知らせ

(@Press) 2015年03月30日(月)11時00分配信 @Press

東急リバブル株式会社(代表取締役社長:中島 美博、本社:東京都渋谷区)は、全国のリテール売買仲介店舗にて展開しております『リバブルあんしん仲介保証』(以下 『あんしん保証』)について、2015年4月2日(木)から、サービス内容の改定およびサービスの新設をいたしますので、お知らせします。

『あんしん保証』のうち、一戸建・マンションを対象とする「建物保証」は、2012年10月のサービス開始以来、多くのお客様にご利用いただき、2015年2月末日時点で累計申込件数が13,000件(※1)を突破いたしました。
このたびの改定では、この「建物保証」および「住宅設備保証」について、保証期間を最長2年間に延長するとともに、対象者を拡大し、個人だけなく法人(宅建業者を除く)のお客様にもご利用いただけるようになります。

また、土地取引の際の既存擁壁に対する調査・保証サービス「擁壁調査保証」を新設いたします。
本サービスは、既存擁壁の現状を調査し、その結果に基づき、対象擁壁がそのまま利用できることを保証するものです。事前に「リバブルあんしん土地チェック(土地現況調査)」による擁壁の高さ・幅を測量したうえで、一級・二級建築士が国の基準(※2)に準拠した目視点検を行い、その結果に基づき、対象擁壁の利用可否について管轄行政機関の見解を確認いたします。既存擁壁を利用可能と判定したにもかかわらず、買主様が依頼したハウスメーカー・工務店などが利用不可とした場合、当社指定の設計事務所へ依頼することを前提に、対象擁壁を利用した建築を保証します。なお、調査費用ならびに保証にかかる費用は当社が全額負担いたします。

当社は今後も、総合不動産流通企業として、より多くのお客様に安心・安全なお取引を実現していただけるよう、「スピード」「専門性」「サービス」の質の向上に努めてまいります。

※1:建物検査申込累計13,445件(2012年10月〜2015年2月末日)
※2:国土交通省技術的助言「宅地擁壁老朽化判定マニュアル(案)」


◆『リバブルあんしん仲介保証』
http://www.livable.co.jp/baikyaku/anshin/

【『リバブルあんしん仲介保証』ロゴ】
http://www.atpress.ne.jp/releases/59338/img_59338_1.jpg


◆「建物保証」および「住宅設備保証」改定内容(2015年4月2日以降)
http://www.atpress.ne.jp/releases/59338/img_59338_4.jpg
※2015年4月2日以降に売買契約を締結され、保証申込みをされた方に適用されます。


◆新サービス「擁壁調査保証」
「擁壁」は、高低差のある傾斜地などで、斜面や段差の崩壊を防止するために造られる構造物です。住宅の建築において、地盤を支える大変重要な役割を担っており、鉄筋コンクリート造や石積造など様々な種類が存在します。
築造当時、合法に造られた擁壁であっても、年月の経過により安全性が欠け、住宅建築時に補強や再構築を求められる場合もあります。そのため土地の売買において、擁壁についてトラブルになるケースがあり、使えるのか使えないのかの判断が重要になります。
本サービスをご利用いただくことにより、売主様は土地のご売却後の擁壁に関するトラブルを回避でき、買主様は擁壁のある土地について調査結果をもとに購入判断をすることができます。


【売主様向け】調査概要
http://www.atpress.ne.jp/releases/59338/img_59338_5.jpg

■サービスの流れ(売主様)
【調査・保証フロー】
http://www.atpress.ne.jp/releases/59338/img_59338_2.jpg


【買主様向け】保証内容
http://www.atpress.ne.jp/releases/59338/img_59338_6.jpg

■サービスの流れ(買主様)
【購入・保証フロー】
http://www.atpress.ne.jp/releases/59338/img_59338_3.jpg
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る