プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社メディアフラッグ

全国スポットラウンダー向け対面研修のご紹介

(@Press) 2015年03月24日(火)09時00分配信 @Press

流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開する株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:福井康夫)は、19 万人にのぼるメディアクルー(登録スタッフ)を抱え、スーパーやドラッグストアなどの売場を定期巡回し、売場メンテナンスや売場獲得の交渉を行う“ラウンド事業”(リアルショップサポート)を展開しております。
 
今回はスポットラウンダーの品質向上を目的とし定期的に全国で各地で実施している、
対面研修の実施についてご紹介させて頂きます。
※スポットラウンダーとは・・・新商品の発売やキャンペーン等、必要なタイミングに一斉に店頭フォローする活動

■対面研修の目的
1.新規ラウンダーの発掘
対面での研修を行うことでラウンダーとしての資質を判断し、案件の難易度を考慮した新規採用を行っています。

2.ラウンド経験者への継続的進化
ラウンダー経験者にも定期的な教育を行ない、店頭での基本動作の確認および品質の向上を実現します。
また、対面する度に会社の考え方や近況を共有することにより帰属意識とメーカー戦略の理解度を上げ、高い意識でラウンドを行っていただく土台作りを目的としています。

3.全国配置のブロンズクルー(インストラクター)を活用したスキルアップ
全国で配置しているブロンズクルー(インストラクター)を活用したラウンダー対面研修を実施することにより、さらなる教育スキル向上をはかり、ラウンド業務全体の質の向上につなげていきます。

■研修内容
1.基本業務
マナー ・・・事前準備、入退店、作業許可取得、店舗での振る舞い等
メンテナンス・・・前出し・面出し、清掃、売場名称、陳列方法等の基本業務
過去のラウンド時のエラー共有・・・コミュニケーションエラー、無断の売場変更、備品使用等

2.応用
展開交渉・・・多か所展開提案を行う際のフローやトーク例
発注促進・・・発注促進を行う際のフローやトーク例   
                                                               

対面研修が難しいエリアに対し基本業務はWEB電話研修、応用業務については動画研修を実施しております。その他業務理解度テストを受講させ全問正解をした後ラウンド開始となります。


ラウンド業務はメーカーの代表として店舗を巡回するので予め企業の特徴を説明することで、ラウンダーにもメーカーとしての意識を持って巡回してもらいます。時には対面研修にメーカー様も同席して頂き、直接現場での疑問点や想定されるイレギュラーをその場でクリアにすることができます。
このような研修を行っていきラウンダー人ひとりのスキルを上げていくことで質の高いラウンドを提供することができます。


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る