• トップ
  • リリース
  • ステーションATM「Patsat(パッとサッと)」の楽天銀行との提携について

プレスリリース

  • 記事画像1

阪急阪神ホールディングス株式会社

ステーションATM「Patsat(パッとサッと)」の楽天銀行との提携について

(@Press) 2015年03月23日(月)16時45分配信 @Press

株式会社ステーションネットワーク関西(社長 大塚順一、以下「STN関西」)ならびに株式会社池田泉州銀行(頭取 藤田博久)と、楽天銀行株式会社(社長 永井啓之)は、STN関西が運営するステーションATM「Patsat(パッとサッと)」の利用に関して提携し、本年3月23日(月)よりサービスを開始いたします。
これにより、楽天銀行のお客さまは、阪急電鉄や阪神電気鉄道、北大阪急行電鉄、南海電気鉄道、神戸市営地下鉄の主要駅構内等に設置するステーションATM「Patsat(パッとサッと)」で、キャッシュカードやローンカードがお使いいただけ、「Patsat(パッとサッと)」の利便性がいっそう広がります。
なお、ステーションATM「Patsat(パッとサッと)」は、池田泉州銀行を初め、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、但馬銀行、紀陽銀行、京都信用金庫、JAバンク兵庫の各キャッシュカードが、平日日中は手数料無料でお引出しいただけます。

楽天銀行との提携に関する概要
1.サービス開始予定日 
平成27年3月23日(月)
2.サービス内容 
楽天銀行キャッシュカード・ローンカードによる「出金」「入金」「残高照会」
※キャッシュカードの「出金」「入金」には所定の手数料がかかりますが、一定の条件のもと無料となります。なお、ローンカードはATM手数料無料です。
3.サービス対象ATM 
ステーションATM「Patsat(パッとサッと)」
「Patsat(パッとサッと)」は、阪急電鉄株式会社(社長 中川喜博)と池田泉州銀行グループが共同で設立した株式会社ステーションネットワーク関西が運営する駅のATMの愛称で、阪急電鉄(梅田、神戸三宮、河原町等)、阪神電気鉄道(梅田、尼崎、甲子園等)、北大阪急行電鉄(千里中央等)、南海電気鉄道(難波、関西空港、河内長野等)、神戸市営地下鉄(学園都市、西神中央等)など、76駅101ヶ所126台を設置しています。(平成27年3月23日現在)

ステーションATM「Patsat(パッとサッと)」のサービス内容
■出金、入金、振込、及び残高照会
(1)池田泉州銀行カード
■出金、入金、及び残高照会
(2)楽天銀行カード
■出金、及び残高照会
(3)三菱東京UFJ銀行カード (4)みずほ銀行カード
(5)但馬銀行カード (6)紀陽銀行カード
(7)京都信用金庫カード (8)JAバンク兵庫カード
(9)統合ATMシステム加盟金融機関の各カード
■出金、入金、及び残高照会
(10)ゆうちょ銀行カード
■キャッシング、及び残高照会
(11)クレジットカード(池田泉州銀行提携の25ブランド)
★365日年中無休で営業(池田泉州銀行カード以外は、利用できない日がございます)

カード別時間帯別手数料(平成27年3月23日現在)、設置場所はリリースをご覧ください。
http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/3208.pdf 

<本件に関するお問合せ先>
株式会社ステーションネットワーク関西 浜辺 TEL(06)6292‐0310
http://www.patsat.co.jp/index.html 


発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る