• トップ
  • リリース
  • 六甲高山植物園 早春の訪れ 〜春季オープンとともにザゼンソウが見頃〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

阪神電気鉄道株式会社

六甲高山植物園 早春の訪れ 〜春季オープンとともにザゼンソウが見頃〜

(@Press) 2015年03月23日(月)11時15分配信 @Press

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)グループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が、六甲山上で運営を行っている六甲高山植物園では、春の訪れを告げる花「ザゼンソウ」が見頃を迎えています。
六甲高山植物園HP→ http://www.rokkosan.com/hana/  

太陽が真東から昇り、真西に沈むと言われる「春分」。この時期より当園では、紅色の仏炎苞が美しい春の花「ザゼンソウ」が湿地帯に広がり、春の訪れを告げます。早いものは、2月下旬より顔を出し始め、暖かな陽射しが差し込む日が多くなると、次々と土の中より顔を出し、花を咲かせます。

◆ザゼンソウ(サトイモ科)
北海道・本州の湿地に生える高さ20cmほどの多年草です。
雪が溶けると間もなく、濃い茶色の仏炎苞がむっくりと顔を出します。その姿が、ダルマ大師が座禅を組んでいるようにみえるため、「ザゼンソウ」と和名が付けられ、別名「ダルマソウ」とも呼ばれます。ミズバショウと同じ仲間で、葉は花が終わるころに伸びてきます。なかなか見ることのない紅色の仏炎苞に驚く方は多く、早春の季節に人気を集めています。
当園に咲く「ザゼンソウ」は、3月末までお楽しみいただける見込みです。


◆リリースに関するお問合せ先
六甲高山植物園
TEL:078-891-1247/FAX:078-891-0137
住所:〒657-0101 神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150
◆営業概要
【開園期間】3月21日(土・祝)〜11月23日(月・祝) 【休園日】9月3日(木)、10日(木)
【開園時間】10:00〜17:00 (16:30受付終了)
【入園料】大人(中学生以上)620円/小人(4歳〜小学生)310円
 http://www.rokkosan.com/hana/  

六甲山ポータルサイト http://www.rokkosan.com/ 

リリース(PDF) http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/3220.pdf


発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る