• トップ
  • リリース
  • 就活も仕事も恋愛も家庭も、もてる人ほどうまくいく!『もてるための哲学 』発売のお知らせ

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社PHP研究所

就活も仕事も恋愛も家庭も、もてる人ほどうまくいく!『もてるための哲学 』発売のお知らせ

(@Press) 2015年03月20日(金)12時00分配信 @Press

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2015年3月13日(金)小川仁志 著『もてるための哲学』(PHP新書)を発売しました。

■引きこもりのフリーターが大学教授になれた理由は「もてたから」

本書でいう「もてる」は、たんに異性からチヤホヤされることではなく、人として幅広く人気があるということ。20代後半のフリーター生活を経て、働きながら哲学の博士号を取得、著書も数多く出版し、この春からは大学教授となれたのは「すべて“もてた”からだ」と、著者は言います。

もてると、周りが元気になるだけでなく、自分の人生が成功に導かれることになります。人間関係はトラブルの最大の原因にもなるため、ここがうまくいってさえすれば日常のほとんどは楽しく過ごすことができるのです。つまり、「もてる力」とは「コミュニケ―ション力」なのです。

モテ期継続中の著者が「理屈と理論で成り立つ哲学をもちいてコミュニケーションのあり方について考えてみる」という本書。異性だけでなく、家族や職場の人たちとの人間関係がスムーズにいけば、プライベートの充実が図れたり、仕事でもなにかとチャンスが回ってくるはずです。そうするためには、どう考えたらよいのか、どう行動したらよいのか。情熱・尊敬・信頼・寛容・自信の5つをキーワードに、哲学を借りながら平易かつ徹底的に解説します。

■さりげない教養も身につく

著者自身の恋愛、仕事、家族に関するエピソードや、ソクラテス、プラトン、パスカル、ラッセル、ヘーゲルといった哲人たちの名言や理論も多数登場。教養を深めながら、「もてる力」の本質と極意もさぐりだせる充実の一冊です。
春は、出会いや変化の季節。コミュニケーション力に磨きをかけ、単なる「いい人」ではない「もてる人」になって、新しい環境や人間関係に臨んでみたい……そんな方にもおすすめです。

定価:本体780円(税別)
新書判並製/208ページ
ISBN978-4-569-82407-9
----------------------------
【Profile】
小川仁志(おがわ・ひとし)
哲学者。徳山工業高等専門学校准教授を経て、2015年4月から山口大学准教授。1970年、京都府生まれ。京都大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。退職後、フリーターを経て名古屋市役所入庁。市役所に勤務しながら名古屋市立大学大学院にて博士号取得。専門は公共哲学、政治哲学。
著書に『人生が変わる哲学の教室』(KADOKAWA)、『7日間で突然頭がよくなる本』(PHPエディタース・グループ)、『覚えるだけの勉強をやめれば劇的に頭がよくなる』(PHP新書)など多数。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る