• トップ
  • リリース
  • ブランド買取業界で初めて、LINE ビジネスコネクトを導入!LINEアカウントに画像を送るだけで査定ができるLINEでの査定サービスを開始2015年3月20日(金)11時より

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

ブランド買取業界で初めて、LINE ビジネスコネクトを導入!LINEアカウントに画像を送るだけで査定ができるLINEでの査定サービスを開始2015年3月20日(金)11時より

(@Press) 2015年03月20日(金)10時15分配信 @Press

株式会社SOU(ソウ)(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:嵜本晋輔)は、店舗を中心としたブランド買取サービス「なんぼや」事業にて、LINEに手持ちの商品画像を送るだけで、査定が無料で受けられるサービスを3月20日(金)から開始いたします。
現在、リユースビジネスは、税率アップや環境保護への意識の変化、またオンラインサービスの充実などを背景に、注目されている成長市場です。本サービスはLINE ビジネスコネクト※を導入し、ユーザーと1対1のコミュニケーションができることを特徴としています。ユーザーは店舗まで出向かなくても、写真をLINEに送るだけで自分のクローゼットに眠る商品の価値をスピーディーに知ることが可能です。手軽で便利な査定サービスの開始により、リユースサービスを身近に感じてもらい、ユーザーの豊かな生活をサポートいたします。
※LINE株式会社がLINE公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービス

【LINEでの査定サービスについて】
なんぼやで“コンシェルジュ”と呼んでいる鑑定士が、店舗で行っているような査定をLINE上で手軽に行うことができます。個人的な思い入れのある商品や、価値がよくわからない商品なども、無料で査定が可能です。

<ご利用方法>
1.「なんぼや」のLINEアカウントに登録
2.査定したい商品を撮影。※複数の商品がある場合は1点ずつ撮影ください。
3.画像加工はせずに、そのまま送信。商品に関する情報や保証書の情報などを追記するとスムーズです。
4.混み具合によりますが、受付時間内であれば、最短約10分程度で「なんぼや」のコンシェルジュによる概算の査定金額がユーザーのLINEに返信されます。(受付時間:10時〜19時/年中無休)
※通常24時間以内にご返信いたします。
※商品の価格は実際に見て変動する場合がございます。

【LINEスタンプ配信】
なんぼやのキャラクター「なん坊や」のLINEスタンプ全16種類を、サービス開始前日の3月19日(木)19時より、無料で配布しております。「なんぼや」のアカウント、または「なんぼや」HP (https://nanboya.com/line-satei/)からお知らせしています。

【「なんぼや」について】
「なんぼや」は、2007年に株式会社SOUが開始した、全国に30店舗を展開する買取専門店です。ブランド品の他、貴金属、骨董品など幅広い商品を買取の対象にしています。現在、コンシェルジュ(鑑定士)を全国に約150名抱えており、サロンのような雰囲気の店舗で顧客がコンシェルジュを指名することも可能。「リユースのない人生はきっとつまらない」をブランドステートメントに掲げ、モノを買う時のワクワクと同じように、モノを売るドキドキをご提供します。

【LINE ビジネスコネクトとは】
LINE株式会社が公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIを提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対して より最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。さらに、ユーザーの同意のもと、 企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ 配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能※になります。
※LINEが、LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。

【SOUの理念】
社名SOU(惣)には、モノの根底に心があるという想いが込められています。人とモノに心をのせることで、新たな価値を見出すことこそ、SOUのリユースだと考えています。「リユース」を通じて新たな価値を見出すことで、人と社会に豊かで有益なサービスを提供してまいります。

【株式会社SOU 代表取締役社長 嵜本晋輔 コメント】
日本の中古品はジャパンクオリティと言われるほど、海外から非常に信頼が高く、魅力的な商材の宝庫だと言われています。その一方、家庭のクローゼットには購入してから数回しか使われなかったブランド品が数多く眠っており、日を追うごとにその資産価値は目減りして、結果的に捨てられる現状があります。これからはクローゼットに眠っているブランド品の“現在の価値”を消費者に伝え、“買って→使って→捨てる”から、 “買って→使って→売る”というこれからの消費行動を、日本国内5000万人以上という膨大な利用者を持つメッセージアプリ「LINE」のコミュニケーションを活かし、提案してまいります。

【参考情報: 初TVCM『泣く女』編 3月20日(金)からOA開始】
3月20日(金)より、初となるTVCM『泣く女』編(15秒)を、全国放送いたします。今回初めてとなるCMでは、失恋に打ちひしがれる女性に対し、ナレーションが優しく「大丈夫、その恋は、きっと君の財産になるから…」と励ましたかと思いきや、「お金的な意味で」と語りかける、失恋に負けない女性の次のステップを応援する内容となっています。
◆タイプ :  15秒(1パターン)
◆出演者: 大谷英子、石井テルユキ
◆OA地域: 関東7県、関西6県
(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、群馬県、山梨県、
大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県)

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る