• トップ
  • リリース
  • クラウド型SFA営業支援システム「アクションコックピット」 “ルート営業”特化機能を追加した『ルート営業版Plus』を3月23日リリース

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社ビジネスラボ

クラウド型SFA営業支援システム「アクションコックピット」 “ルート営業”特化機能を追加した『ルート営業版Plus』を3月23日リリース

(@Press) 2015年03月20日(金)09時30分配信 @Press

株式会社ビジネスラボ(本社:大阪府吹田市、代表取締役:大西 宏)は、クラウドサービスとして提供しているSFA営業支援システム「アクションコックピット」に、マーケティング力、チーム力強化をはかるキャンペーン管理ユニットが加わった『ルート営業版Plus』を、2015年3月23日(月)にリリースいたします。

詳細サイト: http://www.bizlabo.co.jp/evolution/index02.html


■リリースの背景
営業の活動スタイルは案件別に需要を掘り起こす案件型営業と、顧客管理に重点を置いたルート営業に大きくは分かれますが、ルート営業でも、新製品や新サービスの顧客への紹介、導入促進、また重点商品の拡販など、チーム全体が同じテーマで取り組み、顧客に働きかけるキャンペーン型の営業活動が増えてきています。

現代は、ニーズが顕在化し、顧客が欲しいという商品やサービスはコモディティ化が起こりやすく、価格競争に巻き込まれるリスクがますます高まっています。営業活動もたんに売るだけでなく、顧客の潜在ニーズを探り、また掘り起こすための活動が求められています。

そのためには、チームでテーマを共有し、顧客への商談を通じた反応からPDCAを回すことが必要になってきます。


■『ルート営業版Plus』詳細
アクションコックピット『ルート営業版Plus』では、活動状況がチームで即座に共有できるだけでなく、アタックした得意先数や商談成功数の進捗状況、受注売上や数量などの成果、目標との比較などがダッシュボードで、グラフや表を通じてひと目で把握できます。また、成功理由や失注理由の集計、商談感触の分布などから、商品やサービスの提案に対する顧客の反応が把握でき、営業活動を通した市場調査が可能です。

さらに、過去のキャンペーンと反応を比べることで、新製品や新サービス、また提案テーマの潜在パワーの測定が可能です。他にも、製品やサービス、マーケティング改善のためのツールとしても利用できます。ルート営業で提案型の営業活動を促進する、またPDCAサイクルを回すためのツールとして最適です。

<料金>
初期導入費:おひとり 10,000円(税抜)
月額利用料:おひとり  2,500円(税抜)


■アクションコックピットとは
日本でもっとも早くからインターネットを通じたソフト利用を開始したクラウド型SFA営業支援システムで、すでに運用実績が15年になります。顧客管理、また営業活動をめぐる情報の共有を促し、営業部門の活性化、またPDCAサイクルをまわすためのツールです。


■会社概要
商号  : 株式会社ビジネスラボ
代表者 : 代表取締役 大西 宏
所在地 : 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町5-14-7
設立  : 2000年5月
資本金 : 6,100万円
事業内容: ソフトウェア開発・販売
URL   : http://www.bizlabo.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る