• トップ
  • リリース
  • 暑い夏、家族みんなの常備薬に 〜暑気あたり・めまい・吐き気・頭痛などの不調を改善する漢方薬〜 『宇津救命丸 五苓散(うづきゅうめいがん ごれいさん)』新発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

宇津救命丸株式会社

暑い夏、家族みんなの常備薬に 〜暑気あたり・めまい・吐き気・頭痛などの不調を改善する漢方薬〜 『宇津救命丸 五苓散(うづきゅうめいがん ごれいさん)』新発売

(@Press) 2015年03月18日(水)16時30分配信 @Press

 西暦1597年(慶長2年)の創業以来、愛され続けて400年の宇津救命丸株式会社(本社:東京、代表取締役社長:宇津 善博)は、暑気あたり・めまい・吐き気・頭痛などの不調を改善する漢方薬『宇津救命丸 五苓散(うづきゅうめいがん ごれいさん)』(第2類医薬品)を4月1日(水)に発売いたします。


 総務省消防庁の発表によると、全国で6月から9月の期間に、毎年約4万人以上(※)の方が熱中症で救急搬送されています。
 『宇津救命丸 五苓散』は、夏の暑さによる体調不良の対策の必要性が高まっている中、体の水分バランスを整える5つの生薬(チョレイ、ブクリョウ、タクシャ、ケイヒ、ソウジュツ)に着目した漢方製剤です。暑気あたりの予防とめまい、吐き気、頭痛等の症状改善におだやかに作用するため、生後3ヶ月のお子様から大人の方まで服用することができます。
 当社は医薬品等の開発を通じ、皆様の健康のために更なる貢献ができるよう、一層努めてまいります。

※総務省消防庁発表 6月から9月の全国における熱中症による救急搬送人員数
 2012年:45,701人 2013年:58,729人 2014年:40,048人


【商品画像】
http://www.atpress.ne.jp/releases/58442/img_58442_1.jpg


【商品概要】
■商品名
宇津救命丸 五苓散(うづきゅうめいがん ごれいさん)
[商品ホームページURL] http://www.uzukyumeigan.co.jp/goreisan.html

■区分
第2類医薬品

■発売日
2015年4月1日(水)

■販売名
JPS漢方顆粒-14号

■成分・分量
3包(6.0g)中に五苓散料乾燥エキス1.92gを含有しています。
日局タクシャ:4.8g 日局チョレイ:3.6g 日局ブクリョウ:3.6g
日局ソウジュツ:3.6g 日局ケイヒ:2.4g
上記、生薬量に相当します。

■効果・効能
体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少ないもので、めまい、はきけ、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症
「水様性下痢」「急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)」「暑気あたり」「頭痛」「むくみ」「二日酔」
※しぶり腹とは、残便感があり、くり返し腹痛を伴う便意を催すものを指します。

■用法・用量
次の量を1日3回、食前または食間に、水またはお湯にて服用してください。

成人(15才以上) :1包
7才以上15才未満:2/3包
4才以上7才未満 :1/2包
2才以上4才未満 :1/3包
2才未満    :1/4包

1才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させてください。

■販売場所
全国のドラッグストア・薬局・薬店

■容量
10包

■希望小売価格
オープン価格

■お問い合わせ先
03-3295-2681(平日9〜17時)


【宇津救命丸株式会社 会社概要】
会社名    : 宇津救命丸株式会社
代表取締役社長: 宇津 善博
本社     : 東京都千代田区神田駿河台3-3
会社設立   : 昭和6年2月26日
資本金    : 4,800万円
URL      : http://www.uzukyumeigan.co.jp/

 当社は慶長2年(1597年)、初代宇津権右衛門によって創業されました。こどもの薬の代名詞として『宇津救命丸』は、創業以来400年以上たくさんの赤ちゃんの健康を守ってきました。今では「夜泣きといえば宇津救命丸」と言われるようになり、夜泣き・かんのむしの薬として愛用されています。
 宇津救命丸の原点である「人々の心と体の健康に全力で貢献する」ことを目的に、『宇津こどもかぜ薬』や『宇津こどもかぜシロップ』など多品種にわたった医薬品を開発し、販売しています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る