• トップ
  • リリース
  • 西部劇の金字塔、ロジャー・ムーア出演のシーズンが日本初放送!「マーベリック」シーズン4 CS放送「衛星劇場」にて2015年3月14日(土)から放送開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社

西部劇の金字塔、ロジャー・ムーア出演のシーズンが日本初放送!「マーベリック」シーズン4 CS放送「衛星劇場」にて2015年3月14日(土)から放送開始

(@Press) 2015年03月03日(火)11時30分配信 @Press

ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社の一部門であるワーナー・ブラザース テレビジョン(日本代表:小田 充、以下 ワーナー・ブラザース)は、ウィットとユーモアに富んだ大人の西部劇として全米で大人気となった伝説のテレビシリーズ「マーベリック」のシーズン4を、2015年3月14日(土)23時からCS放送チャンネル「衛星劇場」で日本初放送いたします。
また、新シーズン放送にあわせ3月9日(月)深夜3時(27時)から第1シーズンのアンコール放送を開始いたします。

番組の情報の詳細は衛星劇場ホームページまで
http://www.eigeki.com/


■あらすじ
「シャイアン」、「ブロンコ」、「アリゾナ・トム」、「コルト45」、「連邦保安官」と人気西部劇シリーズを世に送り出し、一大ブームを作り上げたワーナー・テレビジョンの西部劇シリーズ。アメリカABCテレビで1957年から放送が開始された「マーベリック」は、これまでの西部劇とは違い、口の達者な男ブレッド・マーベリックを主人公にしたドラマ作りが好評で、日曜の夜の人気を独占。視聴率30%をたたき出し、第5シリーズまで続いたエピソードは全124話。第3シリーズではエミー賞(1959年度ベスト・ウエスタン)にも輝いています。また1994年にはメル・ギブソン主演で映画化もされました。

衛星劇場では2014年7月にシーズン1〜シーズン3を約50年ぶりに放送しました。このたび日本で初めて放送される第4シーズンでは、「007」シリーズの3代目ジェームズ・ボンド役でおなじみの若きロジャー・ムーアが兄弟のいとこ、ボー・マーベリックとして、また三男ブレント・マーベリック役として「タイム・トンネル」のロバート・コルバートが新たに加わり、粋なギャンブラーぶりとペテン師ぶりを演じています。シーズン4全32話では、殺しのぬれ衣を着せられたり、悪徳保安官に狙われたりしながら、呪われた金山と遭遇、さらに魅力的な美女との出会いもあり、次から次へと巻き起こる展開にマーベリック・ファミリーが立ち向かいます。


■ワーナー・ブラザース インターナショナル テレビジョン ディストリビューションとは
ワーナー・ブラザース テレビジョンの本社であるワーナー・ブラザース インターナショナル テレビジョン ディストリビューションは、世界最大のテレビ向け配給会社です。吹き替えや字幕などで提供される作品は5万時間(劇場公開作品6,000本以上、及び新作テレビドラマ70本以上を含む)にもおよび、世界175カ国以上において40以上の言語で楽しまれています。ワーナー・ブラザース インターナショナル テレビジョン ディストリビューションは、放送、ケーブルTV、衛星放送、VODそしてデジタル・プラットフォームなど世界中のテレビメディアに配給を行なっています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る