• トップ
  • リリース
  • 特許技術を用いた、見込みの高いユーザ向け広告配信サービス『ナビキャストAd』をリリース

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社ショーケース・ティービー

特許技術を用いた、見込みの高いユーザ向け広告配信サービス『ナビキャストAd』をリリース

(@Press) 2015年02月27日(金)18時00分配信 @Press

株式会社ショーケース・ティービー(本社:東京都港区、代表取締役CEO:森 雅弘)は、見込みの高いユーザ向けに広告配信を行える新サービス【ナビキャストAd(ナビキャストアド)】をリリースしましたので、お知らせします。
これにより、従来のリターゲティング広告※では難しかった、Webページ内での行動に基づいた広告配信が可能になります。

<ナビキャストAd イメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/57804/img_57804_1.jpg
<ナビキャストAd URL>
http://www.showcase-tv.com/navicast-ad/


■特許技術を利用したナビキャストAdのターゲティング配信
ナビキャストAdは、従来のリターゲティング広告に、見込みの高いユーザを特定する機能を加えた広告配信サービスです。
リターゲティング広告は、通常ユーザがどのページを閲覧したかという情報に基づいて広告を配信しています。これに対して、ナビキャストAdは、ページ内での行動をもとに配信する為、より精度を高めることができます。例えば、「特定の商品をカートに入れたが、購入まで至らなかったユーザ」や、「購入金額が5,000円以上のユーザ」といった細分化を行うことで、ユーザにマッチした訴求ができる広告です。

ナビキャストAdは、株式会社ショーケース・ティービーの提供するナビキャスト サイト・パーソナライザが持つ特許技術(特許第5415639号)を利用しており、閲覧ページでのユーザの行動を判別して、広告配信先を絞り込むことができます。


■広告費の費用対効果の改善
通常、リターゲティング広告は広告配信数に応じて費用が課金されます。その為、よりコンバージョンの見込みが高いユーザへの配信が理想とされます。
ナビキャストAdは、広告配信対象を細分化された見込み客(より興味のあるユーザ)に絞ることにより、広告の精度を上げ、費用対効果を改善することが期待できます。

※リターゲティング広告:自社のWebサイトに訪れたことのあるユーザに対して再訪を促す広告。


■会社概要
会社名  : 株式会社ショーケース・ティービー
       (英文表記:Showcase-TV Inc.)
本社所在地: 東京都港区赤坂3-21-13 昭栄赤坂ビル4F
設立   : 1996年2月1日
事業内容 : Webサイト最適化技術により成約率を高める
       「ナビキャストシリーズ」の提供および、
       DMPを活用したWebマーケティング支援
       1. Webサイトの最適化により費用対効果を高める
        eマーケティング事業
       2. Webサイトやアプリの課題を統合的に解決する
        Webソリューション事業
URL    : http://www.showcase-tv.com/?pr=20150227
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る