プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

センサー搭載販促用サイネージで利用シーンの拡大

(@Press) 2015年02月23日(月)11時00分配信 @Press

 流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開する株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福井康夫、以下メディアフラッグ)の子会社で、デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供を行っている株式会社impactTV(本社:東京都港区、代表取締役社長:寒河江清人)は、センサーを搭載した「7UZ-2 impactTV」の発売を開始いたします。

◆導入背景
 
 店頭販促用デジタルサイネージは、ある特定の場所に固定設置され、音声と映像による効果的な情報提供をするための販促ツールとして活用されているのが一般的な使われ方です。従来のデジタルサイネージは外部要因をトリガとして映像を再生/切り替えるタイミングを設定できませんでしたが、今回の「7UZ-2 impactTV」はセンサーを搭載しているため、サイネージに近づいた人を検知してコンテンツを再生することが出来ます。この機能を活用し、従来の使用方法に囚われない新しいサイネージの活用方法をご提供するために「7UZ-2 impactTV」の発売に至りました。

◆「7UZ-2 impactTV」活用方法
 
 今回発売をする「7UZ-2 impactTV」は、センサー(赤外線検出距離センサー)を搭載しているため、人を検知してコンテンツを再生することが出来ます。これにより、映像に合わせて人がアクションを行うことで、ある一定の成果が得られるような利用シーンでの活用が可能になります。例えば、学校や食品工場での手洗い場に設置すれば、その場に来た人に対して正しい手洗い方法を指導するためのツールとしての活用が出来ます。また、フィットネスクラブのトレーニング機器近くに設置をすれば、取扱説明ツールとしての運用も可能です。
また、「7UZ-2 impactTV」では端末とそれを見る人との距離によってコンテンツを切り替えることでより消費者の目を引くことも可能です。例えば、サイネージの近くに来た人に対して特別なコンテンツを再生することで来店サービス情報提供ツールとしての活用も可能になります。


◆利用シーン
 
<人のアクションと連動して映像を流すことでより効果が高まるシーン>
・学校や食品工場での手洗い場に設置すれば、正しい手洗い方法の指導ツールとしての活用
・フィットネスクラブでのトレーニング機器の取扱い説明ビデオとしての活用

<距離に応じてコンテンツの切り替えをすることでより効果が得られるシーン>
・近くに来た人に対しての特別なコンテンツを再生する来店サービスのお知らせツールとしての活用
・通常時にはCMを再生し、検知範囲内に人が入った際には店頭オリジナル映像でより詳細な商品・サービス情報を再生するなど距離に応じて切り替えることで活用
※店頭オリジナル映像に関しましても弊社での制作が可能です。

<頭出し再生が求められるシーン>
・動物園などで動物の生態についての説明ツールとしての活用
・病院の待合所等で提出の必要な書類などのお知らせツールとしての活用


◆基本仕様
 
 販促用デジタルサイネージ本来の機能(コンテンツの再生、USBでのコンテンツ書換え、プログラム再生機能など)はそのままで、センサーを搭載した仕様になります。
センサー(赤外線感知方式距離センサー)はサイネージ前面の左下についており、端末自らが出す赤外線の反射波を利用することで近傍の物体や人を検出します。検知範囲は10〜70cmで、±10cm程度の精度でご指定をいただくことが可能です(工場オプション)。

※価格・納期・センサーの検知範囲指定に関する詳細は、別途下記問い合わせ先までご相談ください。


◆impactTVとは
 
 電子POPシェアNo.1の株式会社impactTVが企画・製造・販売している電子POP(小型サイネージ)です。極小・軽量の3型から、定番の7型、エンドや催事向けの19型、さらに大型モニタ取付型のメディアプレイヤーまで、幅広いラインナップをご用意しております。品質的にも故障率が0.02%以下と低く、VCCI規格準拠の安全な製品ですので、導入企業様・設置店舗様にも安心してご利用いただけます。


◆株式会社impactTV 会社概要
 
社名:株式会社impactTV (株式会社メディアフラッグ 100%子会社)
事業内容:デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供
(企画、製造、販売、運用支援、マーケティング分析)
設立:1986年7月
資本金:359百万円(2014年6月末現在)
代表者:代表取締役社長 寒河江清人
本社所在地:東京都港区赤坂3丁目11-3 赤坂中川ビルディング2F
従業員数:40名(2015年1月現在)
WebURL:http://www.impacttv.co.jp/


◆株式会社メディアフラッグ 会社概要

社名:株式会社メディアフラッグ (コード番号:6067 東証マザーズ)
事業内容:流通・サービス業に特化した、インターネット活用型アウトソーシング事業。消費財メーカー向け営業
アウトソーシング、店頭リサーチ事業、マーケティングに関わるシステム開発およびASP展開。
調査インフラとして、全国47都道府県のメディアクルー(登録スタッフ)数が19万人を超える。
設立:2004年2月
資本金:287百万円(平成26年12月末 現在)
代表者:代表取締役社長 福井康夫
本社所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目12-19 東建インターナショナルビル10F
従業員数:549 名(メディアフラッグ単体、グループ全体では 897 名)(2014 年 9 月30日現在)
WebURL:http://www.mediaflag.co.jp/


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る