• トップ
  • リリース
  • 当社初となるウェット方式の歯科用ミリングマシン「DWX-4W」の開発を推進 世界各国の展示会に出品

プレスリリース

  • 記事画像1

ローランド ディー.ジー.株式会社

当社初となるウェット方式の歯科用ミリングマシン「DWX-4W」の開発を推進 世界各国の展示会に出品

(@Press) 2015年02月12日(木)16時30分配信 @Press

歯科技工向けのデジタルソリューションを提供するローランド ディー.ジー.株式会社(取締役会長兼社長:冨岡 昌弘、本社:静岡県浜松市)は、開発を進めている歯科用ミリングマシンの新製品「DWX-4W」を、2015年2月以降に開催される世界各国の展示会に出品することをお知らせします。


歯科技工の現場では、CAD/CAMシステムの導入によるワークフローのデジタル化が進展する一方、化学技術の発展に伴い、歯の詰め物や被せ物などの補綴物(ほてつぶつ)の製作に使われる材料も急速に進化しています。近年市場に登場しはじめた新素材「ガラスセラミックス」は、優れた強度と審美性でデンタルクリニックや患者からの支持が高まっており、補綴物の製作を請け負う歯科技工所での加工ニーズも増加しています。

このような市場環境の変化に対応するため、当社は、ガラスセラミックスの加工に適したミリングマシンとして、新製品DWX-4Wの開発を進めております。高い強度を誇るガラスセラミックスは、従来の切削方式ではなく、表面にダイヤモンドなどの粉末を固着させた専用のミリングバーで研削加工する必要があります。また、研削時に発生する摩擦熱を除去すると同時に、粉塵の飛散を防止するために、水をかけながら加工する「ウェット加工方式」を実現する必要があります。

当社は、ウェット加工方式のミリングマシンとして、近日中にDWX-4Wをラインナップに加え、世界中の歯科技工所から高い支持を集めるドライ加工方式のDWX-50やDWX-4と組み合わせ、歯科技工所の皆様に、様々な材料の加工に対応するためのソリューションを提供してまいりたいと考えております。


■ドライ加工機とウェット加工機の組み合わせによる価値
市場では現在、ドライ加工とウェット加工を1台でこなす兼用機が販売されていますが、1台で様々な材料の加工に対応する一方、それぞれの材料に適した加工方式への切り替え作業を伴い、その都度、切削粉の処理や、機体内部の清掃および乾燥などの作業が発生することがあります。また、ドライ加工とウェット加工を同時に行うことができないため、これらの点で生産性に課題があります。さらに、両機能を兼ね備えることから、それぞれの加工機能が不十分になりがちであり、一般に高額であるため、初期投資がかさんだり、材料ごとの生産量の変動に柔軟に対応できず、最適な投資対効果が発揮できない可能性があります。

一方、当社が考えるドライ加工機とウェット加工機を組み合わせるソリューションでは、材料特性に応じてそれぞれの加工機を使い分けることで、切り替え作業が発生することなく、ドライ加工とウェット加工を同時に進めることも可能です。それぞれの機能に特化しているため、材料の加工に最適な専用機能を提供できるだけでなく、デスクトップサイズで設置場所の融通がきくとともに価格面でもメリットがあります。また、需要量に応じて柔軟にそれぞれの加工機を増設することも可能です。例えば、ドライ加工に適したジルコニアとウェット方式の加工に適したガラスセラミックスの加工業務量が3:1であれば、DWX-50やDWX-4を3台、DWX-4Wを1台設置することで、最適なシステム構成を実現できます。その後の業務量の変化に応じて構成を変更することも容易です。


■DWX-4Wの特長
1.コンパクト設計
パソコン周辺機器メーカーとしてスタートした当社は、パソコンの横に設置してお使いいただける「デスクトップサイズ」を重要なコンセプトとしています。その思想は、歯科用ミリングマシンにも受け継がれており、新製品DWX-4Wでも変わることはありません。

2.オープンな設計思想
DWX-4Wは、歯科業界で標準的な3DスキャナーやCAD/CAMシステムと組み合わせることができるよう準備を進めております。ユーザーが今お使いのシステムを活かしたままDWX-4Wを追加したり、お好みのシステムを組み上げることが可能です。コンピュータ画面上の操作パネル(Vパネル)を使うことによって、1台のコンピュータから4台までのDWX-4Wを制御できるため、将来的に増設や複数台導入される場合にも省スペースで生産性を高めることができます。

3.4軸制御、ATC搭載
XYZの3軸に加え、前後方向に回転するA軸を加えた4軸機構を搭載することで、スムーズで高精度な研削を行うことができます。また、ATC(自動工具交換装置)を標準装備し、荒削り、仕上げ削り、筋彫りなどの加工時に最適なミリングバーを自動で選択します。材料はガラスセラミックス、ハイブリッドレジンに対応する予定です。

4.快適運用のための装備を充実
ミリングマシンに不慣れな方でも、簡単に操作できるように設計されています。本体に加工材料とミリングバーをセットした後は、本体の電源を入れ、Vパネルからデータを転送するだけで加工を開始します。Vパネルでは、加工完了やエラー発生時に電子メールで通知を受け取ることもできます。また、本体内部にはシグナルLEDを搭載し、色の変化によって動作状態が一目で分かるユーザー補助機能を備えています。


■ローランド ディー.ジー.の3D製品の歴史
当社は、1981年の創業以来、パソコンを使って人々の「イメージをカタチに」するためのコンピュータ周辺機器事業を展開してまいりました。XY軸の制御で線画を出力するペンプロッタから始まった当社の製品は、XY軸にZ軸を加え、ペンの代わりにエンドミルを持たせることで3次元切削加工機へと発展。1986年に世界初となるデスクトップサイズの3次元切削加工機「PNC-3000」を発売いたしました。

PNC-3000やその後に発売した後継機種は、日本国内の大学・研究機関で、補綴物製作用CAD/CAMシステムの研究開発に使われるようになりましたが、当時はまだ研究が端緒についたばかりで、歯科技工用途として普及するまでにはいたらず、当社の3次元切削加工機は、製造業の開発・設計部門での試作品製作や、教育研究機関での次世代エンジニアの育成、宝飾・彫刻分野でのクラフトアートの製作、ホビーとしての自作ロボットや模型作りなどの用途で導入が進みました。この間も当社の3次元切削加工機は、最先端のデジタル技術を取り込みながら進化を続け、「デスクトップサイズ」、「簡単操作」、「導入しやすい価格」というコンセプトを磨くことで、幅広い分野で誰もが気軽にデジタルものづくりを楽しめる環境を実現してまいりました。当社の3D関連製品は、これまでに10万台以上を出荷し、世界中で愛用されております。

近年、デジタルが得意とする「多品種少量生産」「オンデマンド化」「パーソナル化」の流れが顕著になる中、歯科技工所でもCAD/CAMシステムの導入が進み、補綴物の材料として、切削加工でしか対応ができないジルコニアが注目されるようになってくると、当社は、長年に亘って培ってきた技術を歯科技工所の皆様に提案すべく、2010年に4軸制御の歯科用ミリングマシンDWX-30を、また、2011年には5軸制御のDWX-50を発表し市場に本格参入しました。DWX-30/50は、歯科技工所のワークフローのデジタル化に貢献するとともに、コンパクトかつオープンな設計思想や使いやすさなどから市場で高い評価を集めました。

DWX-30/50で市場の好意的な反応を得た当社は、歯科医療分野のニーズに応え、市場で求められる製品とソリューションを開発・提供すべく、2012年11月にデンタル事業に特化した部署を設立。2013年5月に発表した中期経営計画で、成長戦略の一つとして「デンタル事業における顧客層の拡大」を掲げると、2013年に従来機の高い加工精度はそのままに、更なる省スペース設計を実現したDWX-4を発売。2014年12月末時点でシリーズ合計2,800台以上を出荷するなど、世界各地の歯科技工所に最適なデジタルソリューションを提供し、市場での地位を確かなものとしています。


■展示会での出品
【LMT LAB DAY Chicago 2015】
日程     :2015年2月27日〜28日
会場     :Hyatt Regency Chicago(アメリカ・シカゴ)
ブースナンバー:I-20

【IDS 2015】
日程     :2015年3月10日〜14日
会場     :Cologne Exhibition Center(ドイツ・ケルン)
ブースナンバー:Hall 3.1 Stand L030 M039

【36th Australian Dental Congress】
日程:2015年3月26日〜28日
会場:Brisbane Convention and Exhibition Centre
   (オーストラリア・ブリスベン)

【20th Dental South China International Expo 2015】
日程     :2015年4月5日〜8日
会場     :China Import&Export Fair Pazhou Complex(中国・広州)
ブースナンバー:Hall 15.1 K01

【LMT LAB DAY West 2015】
日程:2015年5月2日
会場:Hyatt Regency Orange County, Garden Grove(アメリカ・オレンジ郡)

【58th Congress Amici di Brugg 2015】
日程:2015年5月21日〜23日
会場:Rimini Fiera(イタリア・リミニ)


■ローランド ディー.ジー.株式会社について
ローランド ディー.ジー.株式会社は、XYZ軸の制御技術を元に、業務用インクジェットプリンターやカッティングマシンを中心とするカラー事業と3次元切削加工機や彫刻機を中心とする3D事業を展開しています。カラー事業の分野では、1台のプリンターで、印刷と同時にイラストや文字などの輪郭を切り抜くことができる「Print&Cut」技術の先駆者であり、広告看板を製作するサイン業界などでトップブランドの地位を確立し、世界をリードしています。
近年では、幅広い用途での印刷に対応するUV-LEDプリンターや、布地への印刷に特化した専用プリンターをラインナップに加え、プリンターの可能性を広げています。

一方、3D事業の分野では、「デスクトップ・ファブリケーション(机上工場)」のコンセプトの下、人々のイメージをカタチにするデジタルものづくりツールを提供しています。
近年では、個人ユーザー向けのデジタルクラフトツールや、3Dプリンターと切削加工機の組み合わせでプロフェッショナルのものづくりを支援する「monoFab(モノファブ)」シリーズを立ち上げるとともに、歯科用ミリングマシンでデンタル業界に参入。精巧な加工技術とデジタルソリューションで、ものづくりのあり方を変革しています。


■会社概要
商号  : ローランド ディー.ジー.株式会社
設立  : 1981年5月1日
本社  : 〒431-2103 静岡県浜松市北区新都田1-6-4
代表者 : 取締役会長兼社長 冨岡 昌弘
資本金 : 3,668,700,000円
      東京証券取引所市場第一部上場
URL   : http://www.rolanddg.co.jp/
事業内容: コンピュータ周辺機器の製造および販売

※ 開発中のため製品デザインおよび仕様を変更する場合があります。
※ 本ニュースリリースに記載の社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る