• トップ
  • リリース
  • 協和エクシオ、日本ディクスが個人情報を安全に取り扱うことができる「仮想セキュリティルーム」を提供開始〜 物理セキュリティルームと同等の安全対策を、場所を選ばずに仮想PC方式で実現 〜

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社協和エクシオ、日本ディクス株式会社、株式会社アシスト

協和エクシオ、日本ディクスが個人情報を安全に取り扱うことができる「仮想セキュリティルーム」を提供開始〜 物理セキュリティルームと同等の安全対策を、場所を選ばずに仮想PC方式で実現 〜

(@Press) 2015年01月23日(金)13時00分配信 @Press

 株式会社協和エクシオ(以下、協和エクシオ)と日本ディクス株式会社(以下、日本ディクス)は、株式会社アシスト(以下、アシスト)が取り扱うクライアント仮想化ソフトウェア「Ericom PowerTerm WebConnect」とセキュリティソフトウェア「CA Privileged Identity Manager」を組み合わせた「仮想セキュリティルーム」を本日付けで販売開始します。

 近年、多発する情報漏洩事件や政府(経済産業省)の個人情報保護ガイドラインの改正を受けて、安全対策の施されたセキュリティルームでの個人情報の取り扱いを検討する企業が増えています。しかしながら、物理的なセキュリティルームの設置は物理スペースの確保や個人情報の取り扱いのたびにセキュリティルームへ移動するといった業務の非効率化が課題となっています。

 協和エクシオと日本ディクスが販売を開始する「仮想セキュリティルーム」は、仮想PC方式により、上記課題を解決するとともに、物理セキュリティルームと同等の安全対策を提供します。

■仮想セキュリティルームの商品概要

 個人情報の取り扱いは通常業務で利用している物理PCではなく、仮想PC環境を経由して行います。これにより、物理的な変更と既存システムの大幅変更の手間をかけることなく、迅速に導入することがが可能になります。また物理セキュリティルームでは、入口での防御が主な手段となりますが、「仮想セキュリティルームでは、仮想PC方式により、仮想入退室管理のほか、情報持ち出し対策、接続先制御、操作者全てのトレーサビリティを担保する安全対策を施しています。

■仮想セキュリティルームの安全対策

・仮想PC利用履歴管理(仮想入退出管理)
  仮想PC利用時にユーザ認証を行い、利用履歴を取得します。また、仮想PC
  の利用を申請・承認制にすることも可能です。

・仮想PC方式による情報持ち出し対策
  仮想PCから操作元の物理PCには画面転送のみで、手元の外部媒体に個人情
  報データをコピーすることはできません。また、画面転送データのコピー
  &ペーストも抑止します。

・仮想PCからの接続先制御
  仮想PC環境からインターネット接続は制限されるため、メールやクラウ
  ド、ストレージなどで個人情報データを持ち出すことはできません。

・仮想監視カメラ(トレーサビリティ)
  仮想PCのすべての操作を動画ログに取得します。

具体的には上記安全対策は以下の製品で実現します。
 ・仮想PC方式による情報持ち出し対策
   Ericom PowerTerm WebConnect+Microsoft Remote Desktop Service
 ・仮想PC利用履歴管理(仮想入退出管理)
   CA Privileged Identity Manager(旧名称:CA ControlMinder)
 ・仮想PCからの接続先制御
   CA Privileged Identity Manager(旧名称:CA ControlMinder)
 ・仮想監視カメラ(トレーサビリティ)
   動画ログの取得レベルに応じた最適な製品を提供します

■関連ソリューション

協和エクシオ、日本ディクス、アシストの3社は情報漏洩対策分野で戦略的に協業し「仮想セキュリティルーム」以外にも個人情報データベースのアクセス監視や暗号化、物理セキュリティルームの設置といった対策を総合的に提案する体制を整えています。

日本ディクスWebサイト
http://www.ndics.co.jp/solution/solution_10.html

----------------------------------------------------------------------
■協和エクシオについて
----------------------------------------------------------------------
協和エクシオは、高度情報通信ネットワーク社会が進展するなかで、蓄積してきた技術や事業の多様性を発揮し、さらに進化した技術力・施工力を結集しお客様の多様なニーズに応える高品質なサービスを提供いたします。

商号 : 株式会社 協和エクシオ(KYOWA EXEO CORPORATION)
代表者 : 代表取締役社長 小園 文典
本社所在地: 東京都渋谷区渋谷3丁目29番20号
設立年月日: 1954年5月17日
事業内容 : 情報通信インフラ構築・運用保守及びICT・ソフト開発
URL : http://www.exeo.co.jp/index.html

----------------------------------------------------------------------
■日本ディクスについて
----------------------------------------------------------------------
ITトータルソリューション企業として、システムインフラ分野〜ファシリティ分野〜システム開発分野までの3つの事業ドメインを中心とした事業を営んでおります。IT人材サービスの提供からトータル運用保守サービスまでの全方位でのサービス提供が可能です。

商号 : 日本ディクス 株式会社
代表者 : 代表取締役社長 戸邊 光男
本社所在地: 東京都港区三田3-4-10リーラヒジリザカ3F
設立年月日: 1998年8月6日
事業内容 : ITサービス事業
URL : http://www.ndics.co.jp

----------------------------------------------------------------------
■アシストについて
----------------------------------------------------------------------
アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏らない、幅広いパッケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です。「パッケージ・インテグレーター」として複数のソフトウェアと支援サービスにアシストのノウハウを組み合わせ、企業の情報システムを情報活用、運用、データベースのそれぞれの分野で支援しています。今年も“「お客様の最高」のために”というスローガンのもと、この3分野にさらに注力し、顧客企業の立場に立った製品選定と独自の組み合わせによる製品/サービスの提供を一層強化し、活動していきます。

商号 : 株式会社アシスト
代表者 : 代表取締役会長 ビル・トッテン/代表取締役社長 大塚 辰男
本社所在地: 東京都千代田区九段北4-2-1
設立: 1972年3月
事業内容 : コンピュータ用パッケージ・ソフトウェアの販売、技術サポート、教育およびコンサルティング
URL : http://www.ashisuto.co.jp/

----------------------------------------------------------------------
■ニュースリリースに関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
株式会社協和エクシオ 広報室 高柳、後田
TEL:03-5778-1075 E-Mail:koho@hqs.exeo.co.jp

日本ディクス株式会社 営業本部 担当:久保田
TEL:03-5765-5501 E-Mail:press@ndics.co.jp

株式会社アシスト 広報部 担当:田口
TEL:03-5276-5850 FAX:03-5276-5895 E-Mail:press@ashisuto.co.jp

----------------------------------------------------------------------
■仮想セキュリティルームに関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
株式会社協和エクシオ ICTソリューション事業本部 担当:衛藤、佐藤(学)
E-Mail:s-platform@hqs.exeo.co.jp TEL:03-5778-1036

日本ディクス株式会社 仮想ソリューション推進チーム 久保田、弦間
E-Mail:ericom@ndics.co.jp TEL:03-5765-5501

株式会社アシスト システムソフトウェア事業部 仮想化推進室 担当:重松
TEL:03-5276-3475 FAX:03-5276-5878 E-Mail:ssj_info@ashisuto.co.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る