• トップ
  • リリース
  • 厳しい冬の健康管理に注目されているヴェーダヴィの「マヌカハニー」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

ピアス株式会社 ヴェーダヴィ事業部

厳しい冬の健康管理に注目されているヴェーダヴィの「マヌカハニー」

(@Press) 2015年01月22日(木)12時00分配信 @Press

ピアス株式会社(本社:大阪市北区)が展開する、ジンジャーシロップやハーブ製品を扱うブランド「ヴェーダヴィ」のハーブはちみつ「マヌカハニー」が、健康意識の高い顧客を中心に人気を集めています。

発売から1年、好評のため度々店頭から姿を消したマヌカハニーは、特に冬での人気が高く、気温が下がり厳しい寒さを迎える時期の健康管理を目的に取り入れられています。
購入者アンケートでは、ヴェーダヴィ マヌカハニーを継続して食べていた事で「冬でも健康に過ごせた」(40代女性)や、「ヴェーダヴィ マヌカハニーは抗生物質のような副作用を心配する事なく、栄養分を補給できて、病中の体力維持にもピッタリ」(50代女性)といった声もいただいております。※1

※1 個人の意見です。


◆マヌカハニーとは?
<ニュージーランドでしか取れない、貴重なハチミツ>
マヌカはニュージーランドにしか自生していない植物で、採取できる期間も1年のうち4週間程度と非常に短い期間に限られるため、貴重なハチミツとされています。

<ニュージーランドで古来から珍重>
ニュージーランド先住民のマオリ族は古くから、マヌカを“復活の樹”として珍重し、健康のために葉を煎じて飲んだり、樹液を身体に塗るといった使い方を伝統的に行ってきました。マヌカハニーも、部族の健康維持に古来から現在に至るまで、深く愛用されてます。


◆マヌカハニーはこんな方におすすめ
1.冬場・春先の健康管理が特に気になる
2.美しさ・若々しさをキープしたい
3.高い活性力のマヌカハニーを探している
4.純粋・添加物不使用・非加熱のはちみつを探している


◆ヴェーダヴィ マヌカハニーの特長
(1) グレード別に選べる、5段階のアクティブレベル
ヴェーダヴィのマヌカハニーは、はちみつの検査機関 NZLABS社により認定された、TA(トータルアクティビティー)値※2を採用。
日々の健康管理として試せるTA10+から、スペシャルケアとしておすすめであるTA30+まで、全5段階のアクティブレベルを用意しています。
特にTA30+のマヌカハニーは、本場ニュージーランドでも希少性が高いと言われるグレードです。

※2:TA値は、はちみつのヘルシーレベルを示す指標です。

(2) 「非加熱」なので、酵素が生きている
ハチミツは熱を加えると、本来含まれているビタミンや酵素などが損なわれてしまいます。
ヴェーダヴィでは非加熱での製造を徹底しているため、酵素が生きたまま保たれており、酵素量の比較試験でも、加熱されたマヌカハニーの約8倍の「生きた酵素」が含まれていると実証されています。

(3) 「純粋」「添加物一切不使用」を徹底した高品質
ヴェーダヴィのマヌカハニーは、創業300年以上もの歴史がある老舗養蜂家シュナイダー家が、ニュージーランド国立自然公園で自生する良質のマヌカから採取し、添加物を加えず作り上げた純粋なハチミツです。
製造・出荷を行なう工場は、品質の国際規格であるISO9001をはじめ、HACCP・GMPなどの認証を得て、確かな品質管理を行なっています。
生産原料から製造工程にいたるまで、何重にもわたって厳密に品質管理された、高品質で貴重なマヌカハニーです。


◆ヴェーダヴィ マヌカハニーの製品情報
製品名     :ヴェーダヴィ マヌカハニー
アクティブレベル:全5種(TA10+、TA15+、TA20+、TA25+、TA30+)
容量      :250g
価格(税抜)   :3,500円〜12,000円
原産国     :ニュージーランド
販売店舗    :全国のヴェーダヴィショップ

ヴェーダヴィ マヌカハニーには、オリゴ糖、ミネラル類、アミノ酸、ポリフェノール、酵素、ビタミン類などが含まれています。
1日にティースプーン1〜2杯を目安にお召し上がりいただくのがおすすめです。パンに塗ったり、ヨーグルトにかけたり様々な形でお召し上がりいただけます。

※1歳未満の乳幼児には与えないでください。

<ヴェーダヴィホームページ> http://www.vedavie.jp/lp/manukahoney/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る