• トップ
  • リリース
  • リンツのイースターのシンボル「リンツゴールドバニー」をはじめ、たまごの形のチョコレートが勢ぞろい!2月18日より販売開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

リンツ&シュプルングリージャパン株式会社

リンツのイースターのシンボル「リンツゴールドバニー」をはじめ、たまごの形のチョコレートが勢ぞろい!2月18日より販売開始

(@Press) 2015年01月21日(水)11時30分配信 @Press

1845年創業、世界120カ国以上で愛されているスイスの歴史あるプレミアムチョコレートブランド Lindt(リンツ)の日本法人 リンツ&シュプルングリージャパン株式会社(代表:アンドレ・ツィメルマン、本社:東京都中央区銀座)は、2月18日(水)よりリンツ ショコラ カフェにて「リンツゴールドバニー」をはじめとするイースター商品の販売を開始することをご案内申し上げます。


若年層を中心に大変な盛り上がりを見せたハロウィン。そのハロウィンに続き、春のイベントとして、この数年、イースターが注目され始めています。欧米では春の一大イベントですが、日本ではまだなじみが薄く、その楽しみ方もよく知られていません。しかし、テーマパークがイースターのイベントを開催するなど、日本でも少しずつイースターが春の楽しいお祭りとして認知され、定着し始めています。欧米ではイースターはクリスマスと並んでチョコレートの需要がもっとも大きくなる季節であり、スイス生まれのリンツでは、イースターのシンボルである「リンツゴールドバニー」をはじめとするバラエティ豊かなイースターのチョコレートコレクションが、春の訪れを告げるお祭りを大いに盛り上げます。


<リンツゴールドバニーについて>
春の訪れを告げる「リンツゴールドバニー」は、リンツのイースターのシンボル。高品質のミルクチョコレートで作られた金色のウサギの誕生は1952年にまでさかのぼります。その誕生にはこのような秘話がありました。

ある春の日、リンツのメートル・ショコラティエ(チョコレート職人)の家の庭に小さなウサギが現れました。彼の幼い息子は、ウサギを見つけて大喜び!
ところが次の瞬間、ウサギは茂みに隠れていなくなってしまい、男の子は大泣きしてしまいました。それを見たメートル・ショコラティエは、息子のためにチョコレートでできたウサギを作ることを思い立ち、ウサギがどこに行っても見つかるように首に赤いリボンを巻き、鈴をつけたそうです。
「リンツゴールドバニー」の誕生には、こんな父親の深い愛情が込められていたのでした。
以来60余年、ヨーロッパの人々に愛され続け、この金色のウサギが店頭に並び始めると、人々は春の到来を感じるというほどの風物詩となっています。
今年も赤いリボンを首に巻いたミルクチョコレートの「リンツゴールドバニー」は、1kgの特大なものから、定番の100g、50g、ミニサイズの10gのものまで、大小の楽しいバリエーションがそろいました。
さらに今年は、首にブラウンのリボンを巻いたダークチョコレート、白いリボンを巻いたホワイトチョコレートの新フレーバー「リンツゴールドバニー」100gが初登場します。

http://www.atpress.ne.jp/releases/56239/img_56239_1.jpg


・リンツゴールドバニー
http://www.atpress.ne.jp/releases/56239/img_56239_2.jpg

<ゴールドバニー ミルク(赤いリボン)>
50g 515円(税込)、100g 821円(税込)、1kg 10,584円(税込)

<ゴールドバニー ダーク(ブラウンのリボン)>
100g 821円(税込)

<ゴールドバニー ホワイト(白いリボン)>
100g 821円(税込)

ミルク
http://www.atpress.ne.jp/releases/56239/img_56239_3.jpg
ダーク
http://www.atpress.ne.jp/releases/56239/img_56239_4.jpg
ホワイト
http://www.atpress.ne.jp/releases/56239/img_56239_5.jpg

・ミニゴールドバニー
ミルクチョコレートのキュートなミニゴールドバニー5個入りのセット
10g×5個入り 648円(税込)

・ミニゴールドバニー クリスタルバッグ
ミニゴールドバニーのチョコレート12個が春らしいクリスタルバッグに
120g入り 1,339円(税込)


イースターに欠かせないのは、生命のシンボルであるたまごをかたどったチョコレート。イースターの季節には、リンツの一番人気チョコレートである「リンドール」が、たまごの形になって登場します。

・リンドールエッグ ミルク 90g       486円(税込)
・リンドールエッグ ストラッチアテラ 90g  486円(税込)
・エッグチューブ ミルク 200g      1,544円(税込)
・エッグチューブ リンドールミルク 180g 1,544円(税込)

・リンドールミルク エッグパック 168g  1,512円(税込)
・ハッピーイースターギフトボックス 212g 1,998円(税込)
・リンドール ミルクエッグ 300g     2,700円(税込)

http://www.atpress.ne.jp/releases/56239/img_56239_7.jpg

このたまご型のチョコレートを使って遊ぶ「エッグハント」は、イースターをご家族で楽しむ定番イベントです。
リンツでは、ご家族でのイースターの楽しみ方として「エッグハント」を体験いただきたく、「リンツゴールドバニー」とリンドールエッグ、リンドールなどがバスケットやバケツにかわいらしくアソートされたエッグハントセットを販売します。


<エッグハントの楽しみ方>
・イースターエッグを隠します。
お庭があって天気も良ければ外に、もちろん庭がなくても家の中でも十分楽しめます。たくさんの子供たちを集めて野原や公園など、アウトドアで楽しむのも良いでしょう。
・隠し場所はすぐにわかるところ、ちょっと探さないとわからないところ、適度に難易度をつけましょう。
・宝探しのように、ヒントを添えたエッグハントの地図を作っても面白いかもしれません。
・小さな子供からちょっと年上の子供まで、大勢でエッグハントするときには、小さな子供でもちゃんと楽しめるように子供たちを年代ごとに分けて行ったほうが良いでしょう。

・エッグハントペール 2,052円(税込) バケツはグリーンとピンクの2色あり
ゴールドバニー   50g 1個
ミニゴールドバニー 10g 1個
リンドール        7個

http://www.atpress.ne.jp/releases/56239/img_56239_8.jpg

・エッグハントバスケットM イエロー・グリーン・ピンク 2,592円(税込)
フィナンシェナチュール 1個
フィナンシエショコラ  1個
ゴールドバニー 100g  1個
(イエローはミルク、グリーンはダーク、ピンクはホワイト)
ミニゴールドバニー 10g 2個
リンドール        5個

http://www.atpress.ne.jp/releases/56239/img_56239_9.jpg

・エッグハントバスケットL ストラッチアテラ入り3,888円(税込)
ゴールドバニー ミルク 100g       1個
ゴールドバニー ダーク 100g       1個
エッグチューブ ミルク 200g       1個
リンドールエッグ ストラッチアテラ 90g 1袋

http://www.atpress.ne.jp/releases/56239/img_56239_10.jpg

・エッグハントバスケットL リンドールエッグ入り3,888円(税込)
ゴールドバニー ミルク 100g      1個
ゴールドバニー ダーク 100g      1個
エッグチューブ リンドールミルク 180g 1個
リンドールエッグ ミルク 90g      1袋

さらに、「リンツゴールドバニー」のお友達として、愛らしいヒヨコのチョコレートが新登場

・ヒヨコミルク
ミルクチョコレートのヒヨコ 100g 821円(税込)

http://www.atpress.ne.jp/releases/56239/img_56239_6.jpg

・ミニヒヨコミルク
ミルクチョコレートのヒヨコ5個入りのセット 10g×5個入り 648円(税込)


<Lindtとは…>
Lindt(リンツ)は、スイスで1845年に創業、現在では世界120カ国以上で愛されているプレミアムチョコレートブランドです。ブランド名となっているリンツは、今ではあたりまえとなっているチョコレートのなめらかな口どけを初めて可能にした「コンチング・マシン」を発明、スイスをチョコレート立国たらしめた、ロドルフ・リンツ氏の名に由来します。
リンツ&シュプルングリー社の創設者、ダーフィート・シュプルングリー氏はチューリッヒの小さなパティスリーのパティシエを経て、1836年にその店のオーナーとなり、1845年に自家製チョコレートの製造を開始しました。
1899年にリンツとシュプルングリーは合併することになり、チョコレートの製造においてすでに高い評価を得ていたシュプルングリーと、「コンチング・マシン」を発明、チョコレート界に革新をもたらしたリンツが手を携えて、その卓越した技術で最高の品質のチョコレートが生み出されるようになりました。
以来、160年以上の時を経て、そのチョコレート作りへの情熱は、リンツのメートルショコラティエ(チョコレート職人)たちによって受け継がれ、カカオ豆の仕入れから最終製品までの工程をすべて自社で一貫して生産することにより、常に高品質で、香り高く、口どけの良いチョコレートで、今も世界中のチョコレートファンを楽しませ続けています。

http://www.lindt.jp/ (リンツ ジャパン サイト)
http://blog.lindt.jp/ (公式ブログ)
http://www.twitter.com/LindtJapan (公式Twitterアカウント)
http://www.facebook.com/LindtJapan (公式Facebookページ)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る