• トップ
  • リリース
  • 世界初!日本伝統の藍染め原料「タデ藍」を使用した“飲む藍” 『藍の青汁』を発売!〜お金で買える“アイ”もある!?〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

寿スピリッツ株式会社グループ(2222) 純藍株式会社

世界初!日本伝統の藍染め原料「タデ藍」を使用した“飲む藍” 『藍の青汁』を発売!〜お金で買える“アイ”もある!?〜

(@Press) 2015年01月21日(水)10時30分配信 @Press

寿スピリッツ株式会社(本社:鳥取県米子市、代表取締役社長:河越 誠剛、東証1部上場(2222))は、藍染めで知られる「タデ藍」を使用した機能性食品の企画販売を行う新会社「純藍株式会社」(本社:東京都港区、代表取締役社長:河越 誠剛)を設立し、第1弾製品として『藍の青汁』を開発いたしました。

50代から70代の女性をメインターゲットに、野菜不足を補うアンチエイジング飲料として、2015年1月より販売を開始しています。

URL: https://www.junai-inc.co.jp/


■『藍の青汁』開発背景
国民の健康志向の高まりや、国による健康寿命の延伸牽引により今後も成長が期待される健康食品市場。中でも2013年データでは、前年比7%増の870億円と6年連続で成長を続けていると言われてる青汁市場から、野菜不足の現代人にとって手軽に野菜不足を補うことが出来る製品として青汁が求められていることがうかがえます。
この状況を受け、純藍株式会社では、野菜不足を手軽に美味しく補うだけではなく「アンチエイジング機能」や「整腸機能」をプラスした『藍の青汁』を開発いたしました。


■『藍の青汁』について
<アンチエイジング機能>
タデ藍は、徳島県を中心に日本の伝統である藍染めの原料として広く知られていますが、古くから生薬としても利用されていました。純藍株式会社では、ブルーベリー4倍のタデ藍の豊富なポリフェノール量(※1)と高い抗酸化力(※2)に着目・活用し、「アンチエイジング機能」をプラスしました。

(※1)
http://www.atpress.ne.jp/releases/56232/img_56232_3.jpg
(※2)
http://www.atpress.ne.jp/releases/56232/img_56232_4.jpg


<整腸機能>
乳糖果糖オリゴ糖で「整腸機能」もプラス。タデ藍エキスパウダーと国産有機大麦若葉も使用しています。

日本人にとって身近であった素材“日本の伝統「藍」”を、新しい切り口である「飲む藍」としてお届けいたします。


【商品概要】
名称: 藍の青汁
価格: 3,888円(税込)
容量: 90g(3g×30袋)
URL : https://www.junai-inc.co.jp/products/product_ainoaojiru.html


■純藍(じゅんあい)株式会社
純藍株式会社は、2014年9月29日に「純粋に藍の力を信じて、その可能性を信じて世界中に広める」ことを目的に設立をされた寿スピリッツ株式会社グループ100%出資の子会社です。お菓子を中心に製造販売を行うグループの中にありながら「藍」という日本文化の中心であった素材の機能性に着目し、藍の普及と藍製品の販売を目的に設立された会社です。

所在地: 東京都港区北青山一丁目2番7号
設立 : 2014年9月29日
資本金: 3,000万円
代表者: 代表取締役社長 河越 誠剛
URL  : http://www.junai-inc.co.jp


■寿スピリッツ株式会社
東証1部上場(2222)(本社鳥取県米子市)「お菓子の総合プロデューサー」全国16社のホールディングス会社として独自のビジネスモデルを展開。地域に根付きながら全国各地の文化や伝統を地域ブランドとしてお菓子の形で大切に育て上げ、地域から全国に発信する喜び創り実践会社。全国各地にて様々な菓子ブランドを展開中。


■関連URL
寿スピリッツ株式会社
http://www.kotobukispirits.co.jp
藍.jp
http://www.japanblue-ai.jp
寿製菓株式会社(タデ藍について)
http://www.okashinet.co.jp/product/ai_powder.html
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る