• トップ
  • リリース
  • “20世紀最高のクラブ”レアル・マドリードC.F. 共同開発 プレミアム・エナジードリンク『Realpower(R)』国内での販売を本格化

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

レアルジャパン株式会社

“20世紀最高のクラブ”レアル・マドリードC.F. 共同開発 プレミアム・エナジードリンク『Realpower(R)』国内での販売を本格化

(@Press) 2015年01月15日(木)11時00分配信 @Press

レアルジャパン株式会社(所在地:東京都台東区)は、20世紀最高のクラブ「レアル・マドリードC.F.」の公式飲料として誕生したプレミアムエナジードリンク『Realpower(R)/レアルパワー』の日本での販売を本格化し、1月中旬よりサークルKサンクスにて店頭販売を開始いたします。(一部地域を除く)


【レアル・マドリードC.F.共同開発プレミアム・エナジードリンク本格始動】
『Realpower(R)/レアルパワー』は、“20世紀最高のクラブ”と称される「レアル・マドリードC.F.」のオフィシャル・エナジードリンクとして、2005年スペイン・マドリードで誕生し、中東・アフリカ・オセアニア・南米・東南アジア・東アジア(韓国)の国々約20カ国でプロモーション販売され、2012年、グローバルブランド(オリジナルブランド)で全世界に向けリニューアル・デビューしました。

そして、2015年。
世界的急成長市場であるエナジードリンク市場の中でも2012年に“エナジードリンク元年”と言われるほどの急成長(対前年比217%成長)市場となった日本に、ついに満を持して『レアルパワー』が上陸することになりました。


【「レアルパワー」の特長】
1.プロフェッショナルからアマチュア、
  そして女性や学生の健康面にも配慮された成分配合
『レアルパワー』は、身体へのカフェイン蓄積を少なくするために、多くのカフェイン飲料に含まれ摂取量や中毒性にも注意を要する無水カフェイン(※)とは異なり、天然由来のカフェイン「ガラナ種子エキス」を配合し、カロリーを抑え、心身の高揚・集中力(パワー)とともに身体の健康面と活性化にも配慮されたエナジードリンクです。
ガラナ種子には、「ガラニン」と呼ばれるカフェインがコーヒーの3〜5倍含まれ、「テオフィリン」、「テオブロミン」とともに摂取することで、神経に負荷をかけることなく持久力やメンタル的な注意力を高めます。
「ガラニン」の最大の特性は、神経を刺激しないカフェインで、徐々に放出されるためカフェインが身体に残る影響を少なくし、その反応が緩やかに長続きします。
※無水(コーヒー豆、一般のエナジードリンク等)のカフェインは、覚醒作用とともに身体への蓄積時間が長いため、摂取過ぎると個体差により身体への悪影響の恐れもあり、さらにはスポーツ競技のドーピングにも悪影響を及ぼす場合があります。(ドーピング監視対象成分)

2.女性にも安心して飲める「天然由来の成分」で美容・健康もサポート
天然に存在するアミノ酸「L-アルギニン」を含有。近年、健康食品やサプリメント等でも注目を集めているL-アルギニンは、アンチエイジングや美肌効果等、美容/健康の側面に高い効能があると考えられています。

3.各種リキュールから焼酎・洋酒・ビール・ワインまで
  相性抜群のテイスト&フレーバー
アスリート、アーティストからビジネスマン、主婦、受験生・学生にまで、あらゆるパフォーマンス・シーンにマッチする『レアルパワー』は、ガラナと蜂蜜の独自の味付けと風味により、ストレート炭酸飲料としてはもちろん、飲酒シーンでもあらゆるアルコール飲料にマッチし、特にお酒そのものの味と風味を殺さない絶妙なテイスト&フレーバーをお楽しみいただけます。

また、スポーツやレジャー・シーン等で多量飲用の場合は、スポーツドリンクやミネラルウォーター等で薄めて『レアルパワー・スポーツドリンク』としてもお楽しみいただけます。
(※スポーツドリンク1,500mlにレアルパワー1本の割合をお勧めします。)


【「レアルパワー」の概要】
名称  : レアルパワー
販売料金: 270円(税込)
販売店 : サークルKサンクスまたはWeb ※詳しくはWebを御覧ください。
URL   : http://www.realpower.jp/


【今後の展望】
各種コンビニエンスストアへ販売、芸能人を使った民放CMなどのプロモーション展開を考えております。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る