• トップ
  • リリース
  • 相続税と医療法人承継の問題を解決する開業医向け相続対策本「開業医の相続対策」を出版!

プレスリリース

  • 記事画像1

相続税と医療法人承継の問題を解決する開業医向け相続対策本「開業医の相続対策」を出版!

(@Press) 2014年12月15日(月)14時00分配信 @Press

日本相続研究所(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤城 健作)は、「開業医の相続対策」を株式会社幻冬舎メディアコンサルティングより出版しました。

「開業医の相続対策」
http://souzoku-japan.com/20141205/


当社はこれまで、弁護士や税理士などで相続の専門家チームを結成し、「相続のワンストップサービス」を提供してきました。
一般的にこれまでの相続対策は、開業医特有の相続問題に対して的確な対策が講じられることはありませんでした。
本書はそんな開業医の相続・事業承継に的を絞った内容になっております。すべての開業医必読です。


■なぜ開業医の相続対策なのか
多くの開業医は日々の診療に忙しく駆け回り、相続対策にまで気が回らないのが実情です。かといって、自然に問題解決するわけではありません。
医療法人の理事長が保有する多額のキャッシュや「出資持分」には、多大な相続税が課せられ、相続問題が医院の存続に関わる問題にまで発展することも少なくありません。しかし、顧問税理士と奥様に任せているから安心、と考えるのは危険です。「相続対策に詳しい税理士」は少数派、さらに「開業医の相続に詳しい税理士」となると非常に少ないのが現状です。
そんな開業医の皆様の円滑な資産の相続と医院の承継を実現します。相続対策の本はいくつもありますが、開業医だけに的を絞り、課題と解決策を簡潔にまとめた書籍は他にはありません。


■キーワードは「不動産とMS法人の活用」「医療法人の出資持分の評価減」
開業医が保有する多額のキャッシュは、不動産に替えるだけで6〜7割も相続評価を圧縮することができます。本書ではさらに効果を高めるため、収益性と節税効果に優れた不動産を活用するノウハウ、MS法人を絡めた仕組みづくりを解き明かしていきます。加えて、医療法人の出資持分の評価額を引き下げるテクニック、後継者選びなど開業医ならではの事情を踏まえた遺産分割のポイントを盛り込みました。
これらを組み合わせることで、相続税額を劇的に圧縮し、遺産分配をめぐるトラブルを未然に防ぐことができます。


■豊富な事例で「自分に合った相続対策」が見つかる
開業医といっても、地域に根付いた小さなクリニックから、全国から患者が集まる大きな医療法人、後継者候補が複数人いる方から後継者がいない方など様々です。
本書では、相続税対策+承継対策で円満相続を実現した開業医たちのさまざまな事例を豊富に紹介しています。相続対策の具体的方法を学びながら「自分に合った相続対策」を見つけることができます。


■書籍の概要
「開業医の相続対策」
新書180ページ
著者  :日本相続研究所 代表 藤城 健作
出版社 :株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
発売日 :2014年11月29日
寸法  :17×10.8×1.8cm
価格  :864円
監修  :・木田 譲(日本橋パートナーズ会計事務所 代表パートナー
      公認会計士・税理士)
     ・石田 昇吾(石田税務会計事務所 税理士)
購入方法:店頭販売またはwebより
http://www.amazon.co.jp/dp/4344971027/ref=cm_sw_r_tw_dp_aGeFub0NZNJ4H


■日本相続研究所 概要
運営会社 : ウェルス・コンサルティング株式会社
本店所在地: 東京都渋谷区渋谷2-12-11 渋谷KKビル6F
設立   : 2009年4月
代表者  : 代表取締役社長 藤城 健作
URL    : http://w-c.co.jp/
      http://souzoku-japan.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る