• トップ
  • リリース
  • レーザ回折式粒度分布測定装置用湿式アクセサリ Hydro Sight発売のお知らせ 〜リアルタイム画像による分散状態の確認が可能に〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

スペクトリス株式会社 マルバーン事業部

レーザ回折式粒度分布測定装置用湿式アクセサリ Hydro Sight発売のお知らせ 〜リアルタイム画像による分散状態の確認が可能に〜

(@Press) 2014年11月21日(金)10時00分配信 @Press

スペクトリス株式会社 マルバーン事業部(事業本部所在地:兵庫県神戸市、代表取締役:山田 英美)は、リアルタイム画像による測定中試料の分散状態の確認を可能とした、レーザ回折式粒度分布測定装置用、湿式アクセサリ Hydro Sightを2014年11月26日(水)に発売します。


レーザ回折・散乱法による粒子径分布解析では、サンプルからの散乱光を元に粒子径分布を計算しています。この手法では、データの信頼性に疑問が生じたときに、試料の分散状態の確認を行う手段が必要です。たとえば、予想外の大粒子が検出された場合、それが分散できていないサンプルの凝集体なのか、大きな粒子がサンプルに含まれているのかを判別することなどです。そのためには、測定が終了した試料を採取し、光学顕微鏡などの確認が必要ですが、測定時の状態から変化する場合もあり、測定中に実際に発生している現象を把握することは困難でした。


Hydro Sightは、レーザ回折式粒度分布測定装置のサンプル流路に組み込まれることで、サンプルの分散状態をリアルタイム画像で確認することができるようになります。サンプルがどのような状態で測定されているかを画像で確認することができますので、より適切な分散条件を設定することが可能となり、測定結果の安定性の向上に寄与します。また、予想外の測定結果となった場合にも、サンプルの状態が目視で確認できるため、より正確な原因追究が可能となり、対策検討の時間短縮および的確性の向上が期待できます。


【Hydro Sight製品概要】
レーザ回折式・散乱式粒子径分布測定装置用湿式アクセサリ
ピクセルサイズ  :1.4μm×1.4μm
表示範囲     :1.4μm〜1,400μm
測定範囲     :9μm〜1000μm※
測定時間     :レーザ回折式測定装置に準ずる。
データ取り込み速度:3.75フレーム/秒
検出器      :CMOSセンサ

※サンプルに依存


マスターサイザー3000とHydro Sightは2014年11月26日から行われる展示会、国際粉体工業展東京2014内のマルバーンブースで展示予定です。


■国際粉体工業展東京2014
日程:2014年11月26日(水)〜28日(金)
場所:東京ビッグサイト(東1・2・3ホールおよび会議棟)
   マルバーンブース 東3ホール M-06


■会社概要
商号   :スペクトリス株式会社
本社所在地:〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-6 司町ビル
設立   :1980年7月30日
資本金  :5,000万円
代表者  :代表取締役 山田 英美
社員数  :196名(2013年12月現在)

事業部名: スペクトリス株式会社 マルバーン事業部
所在地 : 〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町5-5-2
      神戸国際ビジネスセンター北館511
URL   : http://www.malvern.com/jp/default.aspx

マルバーンブログサイト: http://www.malvern-talks.jp/form20141121.html


■スペクトリス株式会社マルバーン事業部の事業内容
1967年に創業した英国本社Malvern Instrumentsの日本事業部です。英国本社にて製造された粒度分布、粒子形状、ゼータ電位、分子量、流動性・粘弾性などの特性評価を行う科学分析装置の販売・サービス・サポート業務を行っております。
神戸、東京、福岡を拠点とし、神戸と東京のオフィスにはラボを設置。装置のデモンストレーションや、サンプル測定、ユーザー研修など、様々なお客様のニーズにお応えします。
また科学分析に関する経験と知識を最大限お客様にご利用いただけるよう、セミナー、ユーザートレーニング、インターネットで行う無料ライブウェブセミナー、アプリケーション情報などもご提供しております。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る