• トップ
  • リリース
  • リンツ ショコラ カフェ初、クッキングタブレット2種が新登場! 〜クリスマスに、バレンタインに、手作りのショコラスイーツもリンツのチョコレートで〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

リンツ&シュプルングリージャパン株式会社

リンツ ショコラ カフェ初、クッキングタブレット2種が新登場! 〜クリスマスに、バレンタインに、手作りのショコラスイーツもリンツのチョコレートで〜

(@Press) 2014年11月04日(火)13時00分配信 @Press

1845年創業、世界120カ国以上で愛されているスイスの歴史あるプレミアムチョコレートブランド Lindt(リンツ)の日本法人リンツ&シュプルングリージャパン株式会社(代表:アンドレ・ツィメルマン、本社:東京都中央区銀座)は、リンツ ショコラ カフェでは初めての取り扱いとなるクッキングタブレット2種を、11月1日(土)より販売することをご案内申し上げます。


<リンツのクッキングタブレット 70%カカオとエキストラフォンダン>
リンツは「エクセレンス」のシリーズをはじめ、その豊富なバリエーションを誇るタブレットチョコレートに定評がありますが、このたび、製菓用のタブレット2種、「クッキングタブレット 70%カカオ」と「クッキングタブレット エキストラフォンダン」がリンツ ショコラ カフェに初登場します。
クリスマス、バレンタインとショコラスイーツを手作りする機会が多くなるこれからの季節、リンツのハイクオリティーチョコレートは食べるだけでなく、お菓子作りにも存分に活用していただけます。

■クッキングタブレット 70%カカオ(カカオ含有量:70%)
内容量:200g
生産国:フランス
価格 :853円(税込)

存在感のあるカカオ味と、ほろ苦さが特徴のチョコレート。
生地の中に混ぜても、クリームと混ぜても負けない風味を持ち合わせているので、しっかりとチョコレート風味、ビター感を出したいお菓子作りに適している。柑橘系やベリー系の風味、濃厚なキャラメルとの相性もよい。

■クッキングタブレット エキストラフォンダン(カカオ含有量:51%)
内容量:200g
生産国:フランス
価格 :853円(税込)

まろやかなカカオ風味とわずかな酸味が特徴で、全体のバランスがよいチョコレート。甘みのあるセミスイートタイプでやさしい仕上がりのチョコレート菓子やデザートに仕上げることが可能です。洋梨、アプリコット、マンゴー、パイナップルなどのまろやかなフルーツとの相性がよい。

▼上記のクッキングタブレット70%カカオを使用した「チョコレート風味のバノフィ―パイ」のレシピを下記PDFファイルにて紹介しています。
http://www.atpress.ne.jp/releases/53208/att_53208_1.pdf


<リンツクッキングタブレット取扱い店舗情報>
・銀座店
所在地 :東京都中央区銀座7-6-12
TEL   :03-5537-3777
座席  :全38席
営業時間:平日11時〜22時 土日祝11時〜20時

・表参道店
所在地 :東京都港区北青山3-5-22
TEL   :03-3423-2200
座席  :全19席
営業時間:平日9時〜22時 土10時〜22時 日祝10時〜21時

・自由が丘店
所在地 :東京都目黒区自由が丘2-9-2
TEL   :03-5726-8921
座席  :全65席
営業時間:9時〜20時

・吉祥寺店
所在地 :東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-14
TEL   :0422-27-1906
座席  :全50席
営業時間:月〜土9時〜22時30分 日祝9時〜22時

・渋谷店
所在地 :東京都渋谷区渋谷1-25-6
TEL   :03-6427-2793
座席  :全42席
営業時間:9時〜23時

・ルミネ北千住店
所在地 :東京都足立区千住旭町42-2 ルミネ北千住1F
TEL   :03-6806-2776
座席  :全8席
営業時間:10時〜20時30分 (営業時間はルミネ北千住の営業時間に準ずる)

・名古屋ラシック店
所在地 :愛知県名古屋市中区栄3-6-1 ラシックB1F
TEL   :052-265-6481
座席  :全14席
営業時間:11時〜21時 (営業時間はラシックの営業時間に準ずる)


・リンツチョコレート オンラインショップ
URL: http://lindt.jp
クッキングタブレットは、リンツチョコレートのオンラインショップでもお求めいただけます。


<リンツとは…>
Lindt(リンツ)は、スイスで1845年に創業、現在では世界120カ国以上で愛されているプレミアムチョコレートブランドです。ブランド名となっているリンツは、今ではあたりまえとなっているチョコレートのなめらかな口どけを初めて可能にした「コンチング・マシン」を発明、スイスをチョコレート立国たらしめた、ロドルフ・リンツ氏の名に由来します。
リンツ&シュプルングリー社の創設者、ダーフィート・シュプルングリー氏はチューリッヒの小さなパティスリーのパティシエを経て、1836年にその店のオーナーとなり、1845年に自家製チョコレートの製造を開始しました。
1899年にリンツとシュプルングリーは合併することになり、チョコレートの製造においてすでに高い評価を得ていたシュプルングリーと、「コンチング・マシン」を発明、チョコレート界に革新をもたらしたリンツが手を携えて、その卓越した技術で最高の品質のチョコレートが生み出されるようになりました。
以来、160年以上の時を経て、そのチョコレート作りへの情熱は、リンツのメートルショコラティエ(チョコレート職人)たちによって受け継がれ、カカオ豆の仕入れから最終製品までの工程をすべて自社で一貫して生産することにより、常に高品質で、香り高く、口どけの良いチョコレートで、今も世界中のチョコレートファンを楽しませ続けています。


▼リンツ ジャパン サイト
http://www.lindt.jp/
▼公式ブログ
http://blog.lindt.jp/
▼公式Twitterアカウント
http://www.twitter.com/LindtJapan
▼公式Facebookページ
http://www.facebook.com/LindtJapan
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る