• トップ
  • リリース
  • 〜ガサガサ・粉ふき対策に〜ヒト型セラミド配合。乾燥肌向け全身用美容液『ドライスキン セラミドミルク』

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ハーバー研究所

〜ガサガサ・粉ふき対策に〜ヒト型セラミド配合。乾燥肌向け全身用美容液『ドライスキン セラミドミルク』

(@Press) 2014年10月20日(月)17時00分配信 @Press

株式会社ハーバー研究所(所在地:東京都千代田区)は、ガサガサ乾燥・粉ふき肌荒れ対策に、しっかり長時間保湿する全身用美容液『ドライスキン セラミドミルク』を2014年11月28日(金)より、全国のショップハーバー、通信販売およびインターネットにて数量限定で新発売いたします。

『ドライスキン セラミドミルク』は、冬の頑固な乾燥肌をしっかり保湿する全身用美容液です。
乾燥状態の肌は、うるおいを保つセラミドが不足し角質層がはがれ、すき間から水分が逃げやすくなります。そこで、もともと人の肌にあり、肌の水分をキープするヒト型セラミド※1、天然皮膜形成成分のカラギーナン、保湿成分のヒアルロン酸やスクワラン、厚くなりがちな角質層に働きかけるビタミンA・E※2を配合。角質層のすみずみまでうるおいを届けてしっかりキープすることで、“ガサガサ” “粉ふき”など、乾燥の季節に気になるダメージをケアします。
のびのよいテクスチャーで肌にスッとなじみ、使い続けるほどに、しっとりなめらかな肌へ導きます。
※1 セラミド3、セラミド6(2) ※2 製品の抗酸化剤

【『ドライスキン セラミドミルク』 商品概要】
商品名:ドライスキン セラミドミルク
発売日:2014年11月28日(金)
容 量:200mL
価 格:2,376円(税込)
限定数:5,000本
※なくなり次第、販売終了となります。

〜ハーバーはここが違います〜
●商品特徴 
・ヒト型セラミド配合で角質層のすみずみまでうるおいを届け、保水力をサポート。
・使い続けるほどに、乾燥や刺激に強いなめらかな肌に整えます。
・のびのよいテクスチャーで肌にスッとなじみ、しっかり保湿しながらべたつかない使い心地で全身に
使用できます。

●主な配合成分とその働き
[ヒト型セラミド] (セラミド3・セラミド6(2)):麹菌を用いた醸造発酵粕から抽出・精製した高純度の天然ヒト型セラミド。肌本来の成分のため、肌馴染みがよく、保湿性向上に役立ちます。
[天然皮膜形成成分] (カラギーナン):紅藻類から抽出される天然多糖高分子で、薄い皮膜を形成しながら保湿します。
[スクワラン]:肌のうるおい成分。肌を保護し、肌荒れを防ぎます。
[ヒアルロン酸Na]:1gで6リットルの水分を保持できると言われるほど保湿性に優れ、肌にハリをあたえ、滑らかに整えます。

使用方法:入浴やシャワー後の清潔なボディに適量をなじませるように伸ばしてください。

配合成分:水、グリセリン、スクワラン、BG、ペンチレングリコール、トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ベタイン、ステアリン酸グリセリル、セラミド6(2)、セラミド3、グリチルリチン酸2K、パルミチン酸レチノール、トコフェロール、ヒアルロン酸Na、ヒドロキシプロリン、カラギーナン、トレハロース、ピーナッツ油、ダイズタンパク、DPG、カルボマー、水酸化K、ステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート60

ハーバーは、肌に負担となる防腐剤パラベン、石油系界面活性剤、合成香料、鉱物油、タール系色素を
一切使用しない無添加主義。

【会社概要】
商号  : 株式会社ハーバー研究所
代表者 : 代表取締役社長 田中 雅智
所在地 : 東京都千代田区神田須田町1-24-11
設立  : 1983年5月
事業内容: 自然化粧品・医薬部外品・栄養補助食品の開発、製造、販売
資本金 : 6億9,645万円
URL  : http://www.haba.co.jp/

<SNS公式アカウントで情報発信中!>
Facebook: https://www.facebook.com/habatown
公式LINE: http://www.haba.co.jp/ec/special/138/

【お客様からのお問い合わせ先】
ハーバー研究所 フリーダイヤル 0120-16-8080
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る