• トップ
  • リリース
  • 日本画家 千住 博画伯による静寂の雪景色を描く名画とともに愉しめる『軽井沢ビール 冬紀行(白ビール)』を9月30日に出荷開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

軽井沢ブルワリー株式会社

日本画家 千住 博画伯による静寂の雪景色を描く名画とともに愉しめる『軽井沢ビール 冬紀行(白ビール)』を9月30日に出荷開始

(@Press) 2014年09月11日(木)16時30分配信 @Press

プレミアムクラフトビールの製造・販売を行う軽井沢ブルワリー株式会社(本社:長野県軽井沢町、代表取締役社長:和田 泰治)は、「軽井沢ビール」シリーズの冬季販売商品として、2014年にオペラ「夕鶴」の背景として使用された千住 博画伯の壮大な冬景色をラベルにした『軽井沢ビール 冬紀行(白ビール)』を2014年9月30日より出荷いたします。


【『軽井沢ビール 冬紀行(白ビール)』の特長】
小麦麦芽の飽きの無い、上面発酵(エールビール)ならではの上品で繊細な香味が特長です。酵母が入った淡い色調と柔らかい味わいは、冬の温かな料理との相性もぴったりです。ラベルに描かれた静寂の雪景色、名画の世界とともにお愉しみ頂ける芸術の白ビールです。


【日本画家 千住 博画伯の名画との出会い】
代表作「ウォーターフォール」シリーズをはじめ、世界的に活躍する日本画家 千住 博画伯の作品の数々を展示する軽井沢千住博美術館を訪れた当社社長の和田は、千住画伯の多くの作品に魅了され、深い感動を覚えました。
千住画伯の画風を愛する和田の熱意が画伯に伝わり、画伯とのコラボレーションによる名画ラベルの実現に至りました。これまで千住画伯の名画がビールとして製品化されたことはなく、軽井沢ビールは千住画伯の名画をラベルにした初の製品となりました。
プレミアムシリーズのラベルを彩るのは、千住画伯の貴重な言葉のない絵本「星のふる夜に」(1994年)からの作品です。森や街をさまよう子鹿の一夜の冒険が描かれています。また、画伯の「ソメイヨシノ満開」は、春の訪れを告げるビール“桜花爛漫”のラベルとなりました。
今回、『軽井沢ビール 冬紀行(白ビール)』では2014年にオペラ「夕鶴」の背景として使用された千住 博画伯の壮大な冬景色をラベルとして用いています。


【製品概要】
製品名   :軽井沢ビール 冬紀行(白ビール)
原材料   :麦芽(大麦・小麦)、ホップ(alc.5%)
包装形態  :350ml缶 24本、段ボール入り
出荷日   :2014年9月30日(火)
希望小売価格:288円/本(税8%込)
JANコード  :4582446741984 (ケース:4582446742004)


【軽井沢ビールの由来】
軽井沢ビールは、和田が抱き続けたビール造りへの夢と、軽井沢を愛する気持ちから誕生しました。軽井沢は、和田が心の癒しの場所として深い愛着を感じていた場所で、豊かな自然と、浅間山の清らかで美味しい冷涼名水をたたえています。この地より爽やかな喉越しのビールをお届けすることを理念に、当社はこのビールを「軽井沢ビール」と命名しました。


【会社概要】
社名  : 軽井沢ブルワリー株式会社
代表者 : 代表取締役社長 和田 泰治(ワダ ヤスハル)
設立  : 2011年5月
資本金 : 3,000万円
事業内容: 酒類の製造及び販売
URL   : http://brewery.co.jp/

軽井沢ブルワリーは2013年6月よりビールの販売を開始しました。
最新鋭の設備と経験豊かな技術者を擁し、世界的な日本画家・千住 博画伯と軽井沢千住博美術館のご協力を得て日本全国のビールファンに愛される最高のビールを目指して参ります。

見学者が仕込みの香り、音、温度を感じることのできる「体感工場」見学も行っております。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る