• トップ
  • リリース
  • 第151回芥川賞受賞作『春の庭』(柴崎友香)を全文掲載!『文藝春秋』9月号電子版 雑誌と同価格で同日発売!

プレスリリース

株式会社文藝春秋

第151回芥川賞受賞作『春の庭』(柴崎友香)を全文掲載!『文藝春秋』9月号電子版 雑誌と同価格で同日発売!

(@Press) 2014年08月07日(木)09時30分配信 @Press

 株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は8月9日、『文藝春秋』9月号電子版を雑誌と同時発売いたします。同誌は、7月17日に発表になった第151回芥川賞受賞作『春の庭』(柴崎友香)が全文掲載されています。

 作者の柴崎友香さんは、大阪府生まれの40歳。行定勲監督によって映画化された『きょうのできごと』をはじめ、『その街の今は』や『寝ても覚めても』など、なにげない日常生活の中に、同時代の気分をあざやかに切り取ってきた実力派の女性作家です。受賞作である『春の庭』は、そんな彼女がデビュー以来“何も起こらない小説”と形容されてきた世界観をさらに深化させた、読み応え溢れる作品となっています。

 離婚したばかりの元美容師の太郎は、世田谷にある取り壊し寸前の古いアパートに引っ越してくる。あるとき、太郎は同じアパートに住む女が、塀を乗り越え、隣の家の敷地に侵入しようとしているのを目撃してしまいます。注意しようと呼び止めたところ、女から意外な動機を聞かされて……。
「街、路地、そして人々の暮らしが匂いをもって立体的に浮かび上がってくる」(宮本輝氏)など、選考委員の絶賛を浴びたみずみずしい感覚をぜひお楽しみください。

 またこの9月号から、これまで定価1,000円だった『文藝春秋』電子版の価格を下げ、雑誌と同価格にします。

■書誌情報
電子版『文藝春秋 2014年9月号』
販売価格:920円 ※電子書店により異なる場合があります
発売日 :8月9日(土)

主要販売電子書店
Kindleストア、楽天kobo、Reader(TM) Store、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto、GALAPAGOS STORE他、電子書籍を販売している主要書店
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る