• トップ
  • リリース
  • 表情が伝わるSNSチャットアプリ「React(リアクト)」App Storeで配信開始! アメリカ、インドネシアで上位を獲得したアプリの日本版 〜対面の「リアル感」でコミュニケーションが盛り上がる〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

表情が伝わるSNSチャットアプリ「React(リアクト)」App Storeで配信開始! アメリカ、インドネシアで上位を獲得したアプリの日本版 〜対面の「リアル感」でコミュニケーションが盛り上がる〜

(@Press) 2014年08月04日(月)10時30分配信 @Press

React Limited(CEO:Andres Canella)は、メッセージ送信時の表情と文字でコミュニケーションするSNSチャットアプリ「React(リアクト)」をApp Store上で配信開始いたしました。

「React」
https://itunes.apple.com/jp/app/react-zi-fenno-xie-zhendesuruchatto/id727789669?mt=8


■「React」について
「React」は、メッセージに対するリアクションをセルフィ(自撮り)し、メッセージと一緒に表情も伝えることができるチャットアプリです。メッセージを送る「瞬間」、デバイスのカメラが起動し、文字だけでなくボディランゲージや顔の表情も相手に送信されます。
同アプリはアメリカ、インドネシアのマーケットでもランキング上位を獲得しており、今回は日本版として登場しました。1対1でのやりとりはもちろん、グループチャットも楽しめます。すでにランキング上位のアメリカやインドネシアの10代・20代のユーザーには、「リアル感」が味わえるグループチャットとして支持されています。


■チャットに対面コミュニケーションの要素をプラス
オンラインよりも対面コミュニケーションの方が強く印象に残るものです。それは微妙なニュアンスなど、顔の表情が伝える情報のインパクトが大きいからです。このアプリはオンラインでのコミュニケーションに、フェイス・トゥ・フェイスの要素を加えました。言葉では伝えられないニュアンスや反応を、絵文字やスタンプの代わりにその人の顔の表情で伝えることで、あたかもその場にいるような「リアル感」を味わえ、コミュニケーションが盛り上がります。


■ペット写真が絵文字(スタンプ)代わりにも
「double take(ダブル・テイク)」という機能を使うと、フロントとバック両方のカメラが起動。チャット中に目の前にある風景と、インカメラ両方を一度に撮影し送信することもできるので、ペットの一瞬のおもしろ表情やカワイイ表情など送る写真のバリエーションも広がります。ペットの表情がオリジナルの絵文字(スタンプ)の代わりになるので、ペットが大好きで写真をたくさん見て欲しい方にもご利用いただけます。


【アプリ内容】
タイトル: React - 自分の写真でするチャット
価格  : 無料
ジャンル: ソーシャルネットワーキング
対応OS : iOS 7.0以降
      iPhone、iPad および iPod touch 対応
      iPhone 5用に最適化済み
URL   : https://itunes.apple.com/jp/app/react-zi-fenno-xie-zhendesuruchatto/id727789669?mt=8

Facebook: https://www.facebook.com/ReactMessenger.Japan
Twitter : https://twitter.com/react_japan (@react_japan)


■会社概要
社名  : React Limited
所在地 : Miami, U.S.
代表者 : CEO    Andres Canella
      Chairman Pedro Wunderlich
URL   : http://reactapp.com


Copyright (c) 2014 北村美佳・問答メディアネットワークス
http://bit.ly/mmn-japan
All Rights Reserved (c)React Messenger
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る