• トップ
  • リリース
  • 日系企業が洗浄除菌水分野で初のマレーシアハラル認証を申請完了、取得へ

プレスリリース

  • 記事画像1

AQUA GREEN TECH SDN. BHD.

日系企業が洗浄除菌水分野で初のマレーシアハラル認証を申請完了、取得へ

(@Press) 2014年07月29日(火)16時30分配信 @Press

AQUA GREEN TECH SDN. BHD. (アクア グリーン テック、本社:マレーシア・セランゴール州、CEO:冨田 佳之)は、マレーシアイスラム開発局(JAKIM)へ化学薬品、アルコール、界面活性剤を一切使用していない洗浄除菌水分野で初めて、ハラル認証の申請を行いました。2014年度中に認証される予定です。

ハラル認証を申請したのは、当社が製造している洗浄除菌水「ECOPIKA(エコピカ)」です。成分は99%以上が水でできており、洗浄効果と除菌効果があります。除菌効果については、マレーシア標準工業研究所(SIRIM)において、大腸菌、緑膿菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌の各菌に対して、99.9%の殺菌作用があると認定されました。(REPORT NO.2014CE0832)

従来、ハラル認証を取得もしくは年間の監査を受けようとする食品工場、食堂、レストラン等の施設及び厨房の清掃では、アルコールによる除菌が認められていないため、洗浄後に塩素系の除菌洗剤を使って洗浄、消毒をしているところがほとんどです。しかし、「ECOPIKA」を利用すれば洗浄と合わせて除菌も行えるため、作業工程が一度で完結します。また、ハラル認定の取得及び維持を目指す企業、工場、レストランでは、検査、監査時に非常に対応しやすくなります。

現在、東南アジア、とりわけマレーシア、インドネシアからの訪日客が増加しています。この状況を受け、イスラム圏の方にも、日本での食事を衛生的に楽しんでいただくため、株式会社サイトスタイル・システムズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:冨田 佳之)に日本での販売を委託し、空港、ホテル、食品工場、レストラン等へ年間500t程度の販売を見込んでいます。また、今後は東南アジア、中東、アフリカ、ヨーロッパへ順次販売を拡大していきます。


■ハラルについて
ハラルとはイスラム法に適合しているという意味であり、豚肉やアルコールなどを含まない食品・化粧品などを指します。現在、世界のイスラム教徒(ムスリム)人口は約16億人、これに関連するハラル産業の市場規模も、2兆米ドルを超えるまでに拡大しています。イスラム教を国教とするマレーシアは、国家制度としてハラル認証制度の拡充を図っており、認証を受けたハラル製品は、世界でも信頼のおけるものと認知されています。


■会社概要
○製造元
会社名 :AQUA GREEN TECH SDN.BHD.
所在地 :No.38, Jalan Riyal U3/37, Seksyen U3,
     40150 Shah Alam, Selangor, Malaysia.
設立  :2013年5月
Director:CEO 冨田 佳之 COO Sahipol Nizam
資本金 :500,000RM

○販売元
株式会社サイトスタイル・システムズ
本社 :〒160-0023
    東京都新宿区西新宿6-15-1 新宿セントラルパークタワー3F
設立 :2000年7月
代表者:代表取締役社長 冨田 佳之
資本金:3,500万円
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る