• トップ
  • リリース
  • 着るだけマッチョ!男性のコンプレックス“胸板”を厚くするインナー 日本初上陸の『Funkybod(ファンキーボッド)』を8月29日に発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

着るだけマッチョ!男性のコンプレックス“胸板”を厚くするインナー 日本初上陸の『Funkybod(ファンキーボッド)』を8月29日に発売

(@Press) 2014年08月13日(水)11時00分配信 @Press

CQC(所在地:京都府宇治市、代表:柊 佑樹)は、イギリス発のパッド内蔵アンダーシャツ『Funkybod(ファンキーボッド)』を、正規の代理店販売としては日本で初めて、2014年8月29日に販売開始いたします。
http://www.funkybod-japan.com/

また、すでにホームページ内で先行予約販売を受付中です。


■イギリス発の男性用矯正下着『Funkybod』とは
<男性のコンプレックスを解決する“男性用矯正下着”という提案>
『Funkybod』は、着用するだけで体型をたくましく見せる、男性向けの矯正下着です。
矯正下着といえば、女性向けの補正下着など、体のラインを美しく見せるものが市場に多く出回っていますが、男性向けの矯正下着はほとんど流通していません。『Funkybod』は補正下着が女性のコンプレックスや悩みを解決するように、男性が持つ“体型に自信がない”というコンプレックスを解消するアイテムです。

<紳士の国イギリスでも集まる注目>
『Funkybod』は、紳士の国イギリスで誕生しました。自身の体型に対しての美意識が高いイギリス男性に多く支持され、英メディアのBBCに紹介されるなど、イギリス・ヨーロッパで注目されているアイテムです。
今日、筋肉量が少ない日本人も、たくましい体型を手に入れるためにジムに通い、トレーニングを行うことが一般的になってきました。
外国人に比べて細身な日本人だからこそ、着るだけで理想の体型を手に入れる『Funkybod』に大きな需要があると考えています。


■“着るだけマッチョ”でコンプレックス改善・ファッションの幅が広がる
『Funkybod』は、胸部、肩、腕周りにパッドを設置しており、着るだけで、トレーニングで培ったような筋肉の隆起を実現します。
体質や病気、運動不足で体型が衰えた男性のコンプレックスの解消に加え、ファッションの幅を広げます。

『Funkybod』は、1枚で着用することはもちろん、通気性が良く、摩擦にも強い素材を使用しているので、運動時の着用や、ビジネスシーンでのワイシャツの下のインナーとしても着用可能。細身の体型のせいで諦めていた様々なファッションを着こなすことができます。

また、厚い胸板は多くの女性からも魅力的とされるため(※)、異性の視線に対しても自信を持つことができます。

※ マイナビニュース「【女性編】好きな男性の筋肉の部位ランキング」
  http://news.mynavi.jp/c_cobs/enquete/realranking/2009/08/3_2.html


■商品概要
名称    : Funkybod(ファンキーボッド)
価格    : 7,950(税抜)
発売日   : 2014年8月29日
        (下記ホームページ上で先行予約販売を受付中です)
サイズ   : S/M/L
カラー   : グレー、ホワイト、ブラック
素材    : viscose 95%、elastine 5%
販売チャネル: 自社サイト、ZANGIRI
        ※今後、他の販路でも販売予定
URL     : http://www.funkybod-japan.com/
      : http://zangiri.jp/
Facebook  : https://www.facebook.com/funkybod.japan
YouTube   : https://www.youtube.com/watch?v=8ecS4WTPSyw


■販売者概要
名称  : CQC
代表者 : 柊 佑樹
設立  : 2013年3月
URL   : http://www.funkybod-japan.com/
事業内容: 輸出入に関わる業務
      Funkybod Japan日本総代理店
      その他、卸、小売業務
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る