• トップ
  • リリース
  • 本格生パスタなのに“ボンビーパスタ”扱いされた隠れメニューが一般発売 〜具なしのパスタソースと生麺だけの「ディオの生パスタ」150g 298円〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社パストディオ

本格生パスタなのに“ボンビーパスタ”扱いされた隠れメニューが一般発売 〜具なしのパスタソースと生麺だけの「ディオの生パスタ」150g 298円〜

(@Press) 2014年07月22日(火)15時00分配信 @Press

生パスタブーム火付け役の自家製・生パスタ専門店であるイタリアンレストラン『生パスタバカの店・赤坂パストディオ』(赤坂)は、具なしのパスタソースと生麺だけの素パスタ「ディオの生パスタ」を販売しております。


【ディオの生パスタ(素パスタ)について】
本商品は「かけそば」のように、具なしのパスタソースと生麺だけのパスタです。150g 298円からと価格が安く、量の多い一品であるため、おこずかいの少ないサラリーマンの味方的存在になっています。
麺は、本格イタリアンの味をそのままにご提供しています。ランチのみでなく、ディナーも販売しており、開店から閉店まで喜ばれています。
常連のお客様からのご要望を受けて生まれた“隠れメニュー(お客様の間では、ボンビーパスタと呼ばれていました)”は、お店に来た方のみが知る特別メニューとして成長しました。こだわりの麺を使った究極の素パスタをお楽しみいただけます。

<サイズ>
・150g 298円
・300g 500円
・450g 750円

ソースは、クリームソース、トマトソース、ペペロンチーノから選べます。


【パストディオ話題のメニュー】
1) 夏限定のかき氷パスタ
  かき氷のフワフワ感と生パスタのモチモチ感が特長の元祖かき氷パスタ

2) 生パスタ総選挙1位
  5種チーズが山盛り!チーズマニア必見の「天使のカルボナーラ」

3) 昆虫系パスタ
  国連が食料不足で昆虫食を推薦すると発表。国内・海外からも話題を集めたメニュー
  第一弾:イナゴのペペロンチーノ
  第二弾:サソリのスコーピオンソース
  第三弾:蜂の子のハチミツ・パンプキンクリーム

4) 1万匹の魚が入ったパスタ
  1日分のカルシウムが摂取できる生パスタ

5) 生パスタでスイーツ!?(チョコパスタ)
  主食とデザートが一緒に楽しめる!?衝撃的な生パスタが誕生!?


【店舗の紹介】
パストディオは、テレビでもお馴染の有名シェフ・柏原 敬一が総料理長を務め、“パスタの神様”高橋 圭夫氏に生パスタ作りを伝承した、イタリア法律基準を遵守した生パスタを売りにしている「生パスタブームの火付け役の店」です。
パストディオの生パスタは、「乾麺では、絶対に出せない味わい!」、「生パスタってこんなに美味しかった?」と言われる程、他では味わえない自家製生パスタです。店内で製麺しているため、作りたてをお楽しみいただけます。

赤坂パストディオは、テレビ、ソファー席も完備しており、落ち着いた雰囲気の店内なので、通常のお食事はもちろん、カップルのデートスポットとしてご利用いただけます。また、安心のお手頃価格でボトルワイン、本格イタリアン、生パスタをご用意しており、40種類以上のボトルワインを一律1,500円にて提供しています。


【パストディオ経営店舗】
生パスタバカの店・赤坂パストディオ
東京都港区赤坂2-14-28 鳳月堂ビルB1F
http://www.akasaka-pastodio.jp

生パスタモンスター・プランタン銀座
東京都中央区銀座3-2-1 プランタン銀座B2F
http://www.printemps-ginza.co.jp/restaurant/monster/index.html

生パスタモンスター・EDOGAWA製麺所
東京都江戸川区興宮町13-2
http://www.pastodio.co.jp/edo.html

パストディオ通販部
http://npbaka.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る