プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ボッテガ・ヴェネタ

ボッテガ・ヴェネタ 2015年春夏メンズコレクションを発表

(@Press) 2014年06月23日(月)16時30分配信 @Press

ボッテガ・ヴェネタの2015年春夏メンズコレクションは気軽な雰囲気ながらも品のよい装いを基調としています。体をしめつけず、リラックスできるウェアが揃っていますが、高級な素材と入念に考えられたシルエットによって、微かにフォーマルな要素も備えています。

カラーパレットは太陽の光を浴びてあせたような色合いが中心で、ブルー系やグリーン系の色を展開しています。さらにペールやミスト、サンドやバナーヌ、ピーチがかったピンクのフラミンゴのほか、ペールカラーとのコントラストを演出する色として、深いネイビーブルーも多く使われています。一方、素材も色あせた感じのカラーパレットとのバランスをとるため、洗いをかけたような表情や手触りを出しています。驚くほど柔らかいラムスキンや使い込んだような美しいスエードが多くのアイテムに使われているほか、ハイゲージとローゲージの両方を揃えたカシミアのニットやしわを寄せたリネン、リネンコットンも重要な素材といえます。

ウェアは全体的に裏地のないものがメインになっており、体を思い切り動かしたくなるような大変軽くスポーティーなデザインとなっています。パンツはルーズでゆったりとしたタイプか、ボディラインに程よくフィットするタイプに分かれています。トップスもゆったりしたものとフィットしたものがあり、ボディコンシャスなトップスにはオーバーサイズのパンツを、反対にゆったりとしたトップスにはタイトなボトムスを合わせるといった具合に、シルエットのバランスが緻密に計算されています。ジャケットの一部はアームの部分に余裕があり、洗練されたウィンドブレーカーのような感覚で着ることができます。スモッキングやステッチ、洗いや退色加工など、画期的な加工技術を素材に施すことで、装飾的な役割を果たしつつ、着古したお気に入りの服のような風合いをウェアに持たせています。

また今シーズンは、カジュアルで洗練されたアクセサリーがウェアに華を添えます。たとえばショルダーバッグやクロスボディバッグに簡単に変形する柔らかなバックパックなど、洗いをかけたスエードやキャンバスを使ったバッグは実用的で、シーンを選ばずに使用できます。ディテールにクロコダイルレザーを取り入れたバッグもあり、構造面を補強しながら洗練された雰囲気を醸し出しています。シューズはウェアのくつろいだスポーティーな印象に合わせ、ゴム素材が入った足にフィットするスリッポンや、ジャズシューズを思わせる大変軽いスエード製のレースアップなどを揃えました。その他、かっちりしたデザインのレースアップもあります。

クリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤーは「今回のコレクションは体の動きから大きなインスピレーションを得ました。自由、スポーツに対する情熱、気楽さのようなものを伝えられたらと思っています」と語っています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る