• トップ
  • リリース
  • エクサ、アシスト提供の「JP1」を統合運用管理基盤とし、データセンター/クラウド事業を強化〜スムーズな自社開発機能との連携、障害発生率ゼロの安定稼働を実現〜

プレスリリース

株式会社アシスト

エクサ、アシスト提供の「JP1」を統合運用管理基盤とし、データセンター/クラウド事業を強化〜スムーズな自社開発機能との連携、障害発生率ゼロの安定稼働を実現〜

(@Press) 2014年06月19日(木)11時30分配信 @Press

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)が提供する統合運用管理製品「JP1」(開発元:株式会社 日立製作所)が、株式会社エクサ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役 社長執行役員:塚本 明人、略記:エクサ)が提供するデータセンター/クラウドサービスの統合運用管理基盤として採用されたことを発表します。

 日本鋼管(現、JFEスチール)の情報システム部門が独立した統合情報サービス会社であるエクサでは、顧客企業の課題解決のための仕組みを、これまで培った数々のIT技術(SI開発、ICT基盤、クラウド等)を最適に組み合わせ、ソリューション・サービスとして展開しています。その1つである「IT基盤ソリューション」においては、従来、データセンター、システム運用/監視、セキュリティ対策、災害対策、サービスデスクといった運用統制/品質管理プロセスごとに、パッケージ利用と自社の運用ノウハウを組み合わせてサービス提供してきましたが、あらゆるプロセスの一元的な管理を実現し、より質の高いサービスを提供するシステム運用基盤構築が必要と考え、中核となる統合運用管理基盤としてアシストが提供する「JP1」を採用しました。

 エクサがJP1を採用したポイントは、以下の4点です。

 1.多種多様な監視システムとの連携が容易なこと
 2.製品を利用するのは現場の運用担当者であるため、管理画面がシンプルで
  操作性が良いこと
 3.将来的に管理対象が増加しても拡張性が高いこと
 4.アシストにおいて長いサポート実績があること

 JP1による統合運用管理基盤構築と並行して、エクサでは、実運用に即した機能実装や自動化推進のために、監視制御、アクセス管理、インシデント管理、オペレータ指示という切り口で、それぞれオープンソース・ソフトウェアの利用、テンプレート開発、プログラミングによる自社開発を行いました。JP1と自社開発機能による新システム運用基盤は連携もスムーズで、運用を開始してから4年経過した現在も、障害発生率ゼロという安定稼働を続けています。今後エクサでは、このシステム運用基盤をベースとし、多様化するクラウドに対して、プライベート、パブリック両方のハイブリッドな運用の実現、自社ソリューション群を組み合わせたSaaS型システム運用サービスの展開などを予定しています。

◎7月4日に東京で開催されるアシストのプライベート・イベント「アシスト
 フォーラム2014」にて、エクサが今回の運用システム基盤構築事例について
 発表します。

 『データセンター/クラウド事業を支える統合監視(JP1)と
  運用基盤の連携事例』(株式会社エクサ)
 アシストフォーラム in 東京(7月4日(金)14:00〜14:45 A-1セッション)
 申し込みおよび詳細URL:http://www.ashisuto.co.jp/event/af/

----------------------------------------------------------------------
■「JP1」について
----------------------------------------------------------------------
国内シェアのトップ・クラスを誇る統合運用管理ソフトウェアです。複雑化/広域化する企業情報システムをシームレスに管理し、高い信頼性、拡張性、操作性を備え、階層管理手法や統合フレームワークによって豊富な機能を一元的に管理することができます。

----------------------------------------------------------------------
■株式会社エクサについて
----------------------------------------------------------------------
代表取締役 社長執行役員:塚本 明人
本社:神奈川県川崎市幸区堀川町580 ソリッドスクエア東館
設立日:1987年(昭和62年)10月1日
資本金:1,250百万円
株主:日本IBM 51% JFEスチール 49%
従業員数:1,248名
事業内容:
 1.情報処理及び情報提供サービス
 2.コンピュータに関するソフトウェアの開発、販売、賃貸及び管理並びに
  それらの受託
 3.コンピュータシステムの導入及び運営・管理の受託
 4.情報通信ネットワークの開発・販売及び賃貸
 5.コンピュータに関するハードウェアの開発、製造、販売及び賃貸
 6.コンピュータに関するハードウェア並びにソフトウェアの輸出入
 7.情報通信機器並びに事務機器の販売
 8.電気工事及び電気通信工事の請負及び施工
 9.労働者派遣事業
 10.前各号に関する調査・研究・教育及びコンサルティング
URL:http://www.exa-corp.co.jp/

----------------------------------------------------------------------
■株式会社アシストについて
----------------------------------------------------------------------
代表取締役会長:ビル・トッテン/代表取締役社長:大塚 辰男
設立:1972年3月
社員数:850名(2014年4月現在)
本社:東京都千代田区九段北4-2-1
URL:http://www.ashisuto.co.jp/

アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏らない、幅広いパッケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です。「パッケージ・インテグレーター」として複数のソフトウェアと支援サービスにアシストのノウハウを組み合わせ、企業の情報システムを情報活用、運用、データベースのそれぞれの分野で支援しています。今年も“「お客様の最高」のために”というスローガンのもと、この3分野にさらに注力し、顧客企業の立場に立った製品選定と独自の組み合わせによる製品/サービスの提供を一層強化し、活動していきます。

----------------------------------------------------------------------
■ニュースリリースに関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
株式会社アシスト 広報部 担当:田口
TEL:03-5276-5850 FAX:03-5276-5895
E-Mail:press@ashisuto.co.jp

----------------------------------------------------------------------
■「JP1」に関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
株式会社アシスト システムソフトウェア事業部 担当:飯塚、中村
TEL:03-5276-5565 FAX:03-5276-5879
E-Mail:enishi_web@ashisuto.co.jp
詳細URL:http://www.ashisuto.co.jp/product/category/system-management/jp1/

----------------------------------------------------------------------
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る