• トップ
  • リリース
  • 医療機関・施設向け栄養給食管理システム最新版「MEDIC DIET Ver.8」販売開始

プレスリリース

京セラ丸善システムインテグレーション株式会社

医療機関・施設向け栄養給食管理システム最新版「MEDIC DIET Ver.8」販売開始

(@Press) 2014年06月18日(水)11時00分配信 @Press

 京セラ丸善システムインテグレーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻上 友祥、以下 KMSI)は、医療機関・施設向け栄養給食管理システムの最新版「MEDIC DIET Ver.8(メディック・ダイエット)」を、2014年6月20日より販売開始します。

 「MEDIC DIET」は患者個人の嗜好やアレルギー食品を献立に反映し、食の充実による患者のQuality of Life(QOL)向上をサポートすることを目的として、食数管理・献立管理・材料管理など管理栄養士の高度で複雑な業務をより正確・迅速に対応できるよう開発された栄養給食管理システムです。

 「MEDIC DIET Ver.8」では、従来の製品機能を継承しながら、Microsoft Windows(R) 8に対応するとともに、各献立作成・編集業務の機能を改善しました。業務の負荷軽減や、より複雑さを増す栄養管理業務の効率化を促進します。


<<MEDIC DIET Ver.8の主な特長>>
■献立編集機能の充実
 欲しい献立をピンポイントで検索できる「献立パレット機能」を搭載。煩雑な献立作成・編集業務の時間を短縮し、効率的な献立作成・編集が可能です。さらに、料理のコピーや移動、入れ替えをドラック&ドロップで行えるため、パソコンに不慣れな方でも簡単に操作ができます。

■セントラルキッチン・クックチル対応
 構成食品ごとに事前調理・当日調理の設定ができ、セントラルキッチンからの配送に必要な帳票の出力も可能です。再加熱する料理・当日料理する食品を分かりやすく表示することで、より安全で効率的に給食管理業務を行うことができます。

■アラカルト献立に対応
 料理ごとに選択できるアラカルト機能を追加し、従来の選択食以上に患者の好みに合わせた、きめ細かな食事の提供が可能となりました。

■過不足の「見える化」で発注不足を防止
 仮発注と本発注の差分を「発注過不足チェック表」で確認することができます。献立変更や予定人数変更による差分量を簡単に抽出できるため、足りない食材が一目で確認できます。

■QOLのさらなる向上やコストの可視化に有効な外部連携機能を搭載
 各メーカーの電子カルテ、オーダリングシステム、医事会計システムほか、データ分析ツールとの連携ができます。また、喫食率を分析することでQOL向上の参考にしたり、廃棄量の可視化による発注の適正化を図ったりと、日々の業務で蓄積されるデータを役立てることができます。


<<販売目標>>
 今後3年間で1,000機関への導入を目指します。

 今後もKMSIは、「MEDIC DIET」をはじめとしたMEDICシリーズで、栄養管理分野・診療情報分野において、医療の質の向上に貢献して参ります。


<<MEDIC DIET Ver.8詳細ページ>>
http://www.kmsi.co.jp/solution/medical/nutrition/medicdiet.html

 なお本サービスは、2014年7月16日〜18日に東京ビッグサイトで開催される「国際モダンホスピタルショウ2014」KMSIブースに出展します。


<京セラ丸善システムインテグレーション株式会社 会社概要>
 2004年4月に丸善株式会社から分社独立後、同年10月に京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)が資本参加したソリューションインテグレータです。
 医療機関・学術機関向けの特長あるICTソリューションや、全国13拠点網を生かし、ワンストップで地域に根差したSI事業を展開。さらにネットワーク、セキュリティ、データセンターなどのノウハウを付加し、企画・構築・運用・保守までのトータルサービスを提供しています。

URL: http://www.kmsi.co.jp/


*製品の仕様は予告なく変更させていただく場合があります。
*製品名および会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。


【お客様からのお問い合わせ】
東日本医療営業部 DIET営業グループ
担当者:杉江
TEL  :03-6414-2861
FAX  :03-6414-2891
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る