• トップ
  • リリース
  • グラファイトハイブリッド鍛造アイアン(N1-CB)マイルドな打感とスピンコントロール性でゴルフダイジェストアワード2017「クラブ・オブ・ザ・イヤー」を受賞

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ヨネックス株式会社

グラファイトハイブリッド鍛造アイアン(N1-CB)マイルドな打感とスピンコントロール性でゴルフダイジェストアワード2017「クラブ・オブ・ザ・イヤー」を受賞

(@Press) 2017年03月21日(火)10時00分配信 @Press

ヨネックス株式会社(代表取締役社長:林田草樹)は、「グラファイトハイブリッド鍛造アイアン(N1-CB)」において、本年の「クラブ・オブ・ザ・イヤー」アイアン部門を受賞致しました。「クラブ・オブ・ザ・イヤー」はゴルフダイジェスト社の独自企画で、読者投票を踏まえ同社の実行委員会によって選出される1997年から始まった由緒あるものです。弊社としては2006年にサイバースターナノブイドライバーが受賞して以来、2度目の受賞となります。



画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/124677/img_124677_1.jpg

受賞理由として、「クラブ契約フリーとなり昨シーズン日本男子ツアー賞金王となった池田勇太プロが選んだアイアン」であり、高性能なクラブへの信頼性が読者に高く評価された事が挙げられます。
同クラブは新潟自社工場製の本格的軟鉄鍛造アイアンで、2015年3月の発売以来根強い人気を誇っています。最大の特徴はフェース裏側のスリット内部にグラファイト制振材を複合したこと。これが振動を抑えマイルドな打球感をもたらし、低・深重心化によりスピンコントロール性を容易くしてくれます。池田プロも「この鍛造アイアンは球が高く上がりやすく、スピンコントロールができる。」と語っており、当社契約選手のキム ヒョージュプロ、アン ソンジュプロ、若林舞衣子プロも愛用しております。
当社としましては、この受賞を糧に、これまで以上にお客様に支持される物づくりを追求して参ります。



INNOVATION
1、打球感向上&低・深重心化。グラファイト・ハイブリッド鍛造
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/124677/img_124677_2.jpg

2.日本刀のような鋭い切れ味。3Dソール
様々なライへ対応させるべく、リーディングエッジ側とトレーリングエッジ側の面をそぎ落とした3Dソールによって、振りぬきが向上。球のつかまりも良いため、コントロール性もアップしています。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/124677/img_124677_3.jpg

<製品概要>
【ヘッド素材・製法】本体/S25C軟鉄鍛造+グラファイトハイブリッド
【シャフト】N.S.PRO MODUS3 SYSTEM3 TOUR125
【価格】スチール6本セット(♯5〜9・PW)・・・¥120,000+税
スチール単品(♯3・4)・・・・・・・・¥20,000+税
【発売】2015年3月下旬より好評発売中
●日本製
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/124677/img_124677_4.jpg


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る